ライジング・サーガ ~初心者エルフとチート魔人~

秋原かざや

SAVE6 ドラゴンさんに暴走発動!!

 前回までのあらすじ。
 さっそくレベルアップのために、ハイシシ森へ来た私たち。
 薬草を求めて、森の奥へ向かっていたら……落とし穴に入って、さあ大変!!
 そ、それに…………大きな岩だと思っていたら、それは大きなドラゴンさんでした。
 ちゃんちゃん♪ じゃなくって、これって、これって、ひっじょーーーーに、ヤバイんですが!!?


 ま、まずは落ち着こう。
 そう、おさらいしましょう。折角だから。
 サナこと私には、隠しスキルがある。
 それが、『竜の姫』。
 ドラゴンさんにとっても好かれるスキル、らしい。お陰でハーフドラゴンの魔王さんに殺されずにすみました。


 けど。
 けどねっ!!?
 相手が喋らなさそうな、ドラゴンさんの場合は、どうしたらいいんでしょーーか!!?


『シギャアアアー!!』
「無理無理無理ーーーー!!」
 逃げようとしても、足がすくんで、なかなか思うようにいかない。
 って、もしかして、これって、『逃げられなかった』ってやつですか!?
 こんなときに、そんなの知りたくなかったっ!!


 危険な香りがギュンギュンします。やばいです。
 例えるならば、あと数秒で変身が解ける巨大ヒーローのカラータイマーみたいな?
 落ちていったら、ロープが付いていませんでした、バンジージャンプ?


 がすっ!!
 鈍い音して、体が吹っ飛び、洞窟の壁にめり込んだ。
 痛いってもんじゃない、気絶するかと思うくらい、強烈な一撃がわき腹を殴りつけた。
 いや、違う。
 正しいのは、ドラゴンがその尾で、私のわき腹を薙ぎ払ったのだ。
 それで、吹っ飛ばされた私は、洞窟の壁にぶつかった。
 っていうか、気絶したかったよっ!!
 痛みのせいか、倒れられなかったしっ!!
 よくよくみたら、私のステータス画面の枠が真っ赤に点滅してます。
 HPもたったの1だしっ!!


 もうもう、これって絶望的……。
 私、死んじゃったらどうなるんだろ?
 またあのファーストレインの町に戻されちゃうのかな?
 ごめんね、皆、またお手数おかけします。


 ……。
 ………。


 ゆっくりと、スローモーションを見ているかのように、ドラゴンがゆっくり近づいてくる。
 涙が、零れた。
 やっぱり……やっぱり、ダメっ!!
 ここで死にたくないよぉ……。


「助けて、ラナ君っ!!」
 ボロボロの体で、声だけ張り上げた。




「危ない、サナっ!!」
 瞳を閉じて、ドラゴンからの攻撃の衝撃を……あれ?
『キシャアア!!』
 ドラゴンさんがまだ居て。
「大丈夫? サナ」
 ラナ君が駆けつけてくれた。まるで、王子様のようだった。いや、顔は本当に王子様だから、思わず頬を染めちゃったけど。
「ラナ君……こ、怖かった……」
 ラナ君が、助けてくれたんだ。背中を向けて、私を抱きしめて、盾になってくれたのだ。
 しゃくりあげながら、私は泣いていた。幼い子供のように泣きじゃくりながら。
「もう大丈夫、大丈夫だから」
 優しく抱きしめて、頭を撫でてくれる。その間にラナ君は、私に向けて回復魔法をかけてくれた。
 たった1しかなかったHPが、すぐに満タンになった。
「でも、ラナ君、背中……」
「ああこれ? 平気だよ、かすり傷だから」
 ちらりと見えたラナ君のステータス。かなり鋭そうな爪。なんかしゃっきーんってすっごい良い音聞こえたんだけど、えっと、3だけ? 減ったの3ですか? 私、尻尾の攻撃で、根こそぎHP奪われたんですけどっ!?
「で、サナを泣かせたのって、あのドラゴン?」
「え、ああ、うん」
「そう」
 急に、何故か、空気が凍りついた。
 嵐の前の静けさってやつだろうか?
 あ、あれ? ら、ラナ君、怒ってる?


 ぷち。


 あっ!!
 不吉な音が聞こえた。


「へえ、俺の可愛いサナを、あんな風にするなんて、良い度胸じゃないか?」
 ラナ君はツインソードを鞘から引き抜いた。
 あれ? ちょっと華奢な剣だったと思ったんですけど………そのデッカイ剣はなんですかぁ!!??
 その二本の剣を一つに合体させて、おっきくて、格好いいグレードソードを作り出した。
 ……あれ? ラナ君、今、『俺』って??
 そ、そういえば……何かスイッチ入ったら目覚める、隠しスキル発動ですか!!?
「たかがレベル38のラウンドドラゴンの分際で」
 大地を踏みしめ、構える。
「可愛い可愛い竜の姫だからって」
 剣に光が集まってくる。その光が凝縮して……。
「こんなことが許されるなんて」
 すうっとそのオッドアイの瞳を細めた。充分、威圧的で迫力満点です、ラナ君っ!!
「思うなっ!!」
 カッと弾ける閃光!
「デッド・エンド・エターナル・クロス・ブレイダー!!」


 なにが起こったのか、よく見えませんでした。
 切り刻んでいたような気がしましたが、閃光でよく見えませんでした。
 動きもめっちゃ高速だったし。
 ただ……その後に残った巨大なクレーターと、ちょっと壊れた(いや、かなり)洞窟の壁が、その威力の凄さを語ってくれてます。


「ふう、良い汗かいた♪」
 汗を拭いて、でっかい剣を、いつものツインソードに戻したラナ君が、とても爽やかな顔で振り返った。
「怪我は無い? 悪は滅したよ」
 うん、滅したね。容赦なく、跡形もなくね。
「あ、ありがとう」
 一応、お礼を言っておこう。そうでないと、私がやられそうだ。
「おーい、二人ともだいじょーぶ?」
「あらあら、凄いことになっちゃってるわね」
「これはアレだな」
「暴走……」
 ぞろぞろと、落とし穴の入り口から、みんながやってきた。
「お陰で助かりました」
 たぶん、そういうことなんだろう。


 その後のことは覚えてません。
 あのぶちきりラナ君の怖さが、身にしみちゃって。
 けど、クエストはいつの間にか終わっていて。


 私はレベル30になりました!!
 まだまだ下っ端ですけど。



「ライジング・サーガ ~初心者エルフとチート魔人~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く