私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

先生と私と……平和な世の中と

 学校の校庭にある大きな木。
 その下で愛を誓った者達は、永遠に結ばれるっていう、話がある。
 そういえば、美柚ちゃんも会長……ああ、もう引退したから、今は元会長かぁ。二人でそこにいって、告白して、キスしたんだって。
 ちょっと羨ましいな。


 なんて、思っていた時期もありました。
「どうしたの、沙奈?」
 今、私は先生とその木の下で……逢ってます。
「えっと、先生。私、まだ学生ですよ? それに回りに学生も、他の先生もいっぱいいますよ?」
 頬がとてつもなく、あっついです。
 心臓もばくばく言っています。
「それが?」
「それが? じゃないですっ!! い、一応、学生と教師なんですから、その、節度を持った行動を……」
「僕、本当の教師じゃないし」
「本当の教師でなくても、周りを気にしませんか!?」
「それに、ここ辞めても平気だし。他のことやればいいよね?」
「そそそ、そうじゃなくって」
 にこっと先生は微笑みます。
 っていうか、あの戦いが終わった後、なんかの封印が解けたのか、先生からのアプローチが凄まじいことになってますよ、先生!!
「ねえ沙奈、知ってる? ここで愛を誓ったら、永遠に結ばれるんだって。美柚だって、そうしたみたいだよ?」
 沙奈もしてみない?
 なんていわれちゃったら、こくんと頷くしかないですよね? ね?
「じゃあ、さっそく……愛してるよ、沙奈。世界が敵に回っても、たとえ神が僕らの敵になろうとも、僕は沙奈。君だけを、永遠に愛し続ける。ずっと君の側で君の味方で、君の騎士だよ」
 はわわわわわっ!!
 こんなん言われて、ころっといかない女はいないと思うっ!!
 ていうか、何もいわなくたって、先生は格好いいし、それにそれに……!!
「ほら、次は沙奈の番」
 そういいながら、手の甲にキスしないでくださいっ!!
「……わた……も……す……」
「何? 聞こえないよ?」
 うううう、こういうときは、先生、すっごく意地悪だよねっ!!
「私も、永遠に愛しますっ!!」
 って叫んだら、皆に注目されちゃいました。
 うわああああ、聞かれた、これ全部聞かれたよ、これっ!!
「もう諦めたら? 公認だよ、あんた」
 って、美柚ちゃんっ!?
「そうそう、お似合いのカップルだって噂されてるよ」
 って、元会長までっ!!


「ああんもうっ!! 好きにしてっ!!」
 投げやりにそういったことを、私はすぐさま後悔することになる。
「じゃあ、遠慮なく。もう授業も終わってるしね」
 ひょいっと、先生は私をお姫様だっこして。
 ええええ?
「大丈夫、怖くないから。ああ、ただ僕から離れられなくなるかもしれないけど、まあいいよね?」
「えっと、せん、せい……?」
「好きにしてって言ったのは、誰だっけ?」
 こういうときに限って、真面目に受け止めるんだよね、先生!!
「ああああーーーっ!!!」


 今日もとってもいい天気です。
 ええ。
 明日もきっと、平和で幸せで。


「私、これでも副会長なんだけどっ!?」

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く