私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

あなたはだれ? 私は……

 こ、こんにちはっ!! いつものように、柊沙奈ですっ!!
 なんだか、凄いことになってます。


 というのも、凄い敵ががんがんやってきて。
 もうだめだーって思ったときに、美柚ちゃんが、凄い技をぶっぱなして、雑魚を殆どやっつけちゃいました。
 本当、あれは凄かったっ!!


 で、でもね!!
 あんだけ、凄いの発射したのに、ボスには、かすり傷一つ、煤ひとつ付けられませんでした。
 って、これって、ももも、もしかして、超ピンチってやつじゃないですか!?
「せ、先生、敵からなんか凄いの発射されましたよっ!! って、美柚ちゃん、逃げられないっ!?」
「落ち着いて、沙奈。あれくらい、カリスにとっては、カに刺されたくらいですよ」
 えっ? と思わず振り返る。
 って、あれ? 先生、それ握ってるの、操縦桿じゃないですか?
「うん。ついでだから、今後は僕が操作するよ」
「えっ? だって、ラインディーヴァは女の人じゃないと動かせないって」
「うん、そうだね。ラインディーヴァは女性にしか、操作できないよ」
 そういって、敵が美柚ちゃんへと放ったレーザーを、かばうかの様に前に出て、盾になった。
 と思ったら、あれ? すんごいバリア張ってる!?
 それよりも、凄く眩しいんですけど。
「ああ、そうなると、沙奈。僕は君に嘘をついた。ラインディーヴァには、変形する機構はついていない」
「あれ? でも、最初のときに人型に変形するって……」
「ラインディーヴァはもともと、戦闘機なんだよ。このカリスを基にして作った、最新鋭の戦闘機。それがラインディーヴァ」
「えっと……?」
「ちなみにカリスは戦闘機に偽装しているけど、本来の姿は戦闘機じゃない。君を驚かせないように、変形できることを伝えておいただけ」
「えっ?」
「でないと、今、こうして変形しているのに、あまり驚かなかったでしょう?」
 そういって、先生はぎゅっと私を抱きしめた。
 ……あれ? 何時の間にっ!?
「それに、こっちの方がしっくり来るよね?」
「言われてみれば、しっくり……きますね……あれ?」
 くすくすと耳元で笑われている。
「大丈夫、すぐにあいつを倒してあげるよ。『無敗の鬼神』の名は伊達じゃない」
「って、なんですか、その無敗のなんちゃらって!!」
「ほら見て、沙奈も見えるはずだよ。敵が何ランクなのか」
「えっ……」
 言われて気づく。敵の様々な機能と共に、ランクが表示されているのを。
「えっと、Aが、二つ?」
「そう。Aが二つでダブルエーって言うんだよ。ちなみに僕はスリーエス」
「えっ? それって、Aより強いんですか?」
「もちろん、Fから下はないし、Sはスーパーだからね。で、僕はそのSが三つもついてる。ね? 負けないでしょ?」
「いや、そういうわけじゃなくって、えっと……ええ?」
 なんていうか、なんで、私、こんなの見えるんですか?
 なんでわかっちゃうんですか?
 それに、なんで、先生に後ろから抱きつかれてるんですか!?
「せっかくなんで、沙奈分をいっぱい補給しとこうと思って。ほら、外に出たら、こんなことできないでしょ? こんなことも」
 私の頭をくるっと振り向かせて、甘い蕩けるような深い深い口付けをした。
「ん、今日はこれくらいね」
「こ、これく……らいって……」
 腰砕けて、ぼーっとしちゃったんですけど……そのっ!!
 先生はぺろっと舌舐めづりして。
「さてっと、本当にそろそろなんとかしないと、美柚ちゃんが暗くて深いところに行っちゃいそうなので、さくっと倒しましょうか」
 ちなみに私は、そのまま放って置かれてます。先生の横に出てきている椅子に座ってます。あれ? ここって、こんなコクピットだったっけ?
 いつの間にか、先生立ってるし、魔導書みたいなの、開いているし。
「沙奈はそこでゆっくり見ていればいいよ。後は僕が終わらせておくから。そのために、僕は呼ばれたんだからね」
 中に浮いた魔導書から、一ページを引き抜く。
「光と闇よ、我が元に集いて、その力の全てを解放せよ」
 えっと、それって、もしかして、呪文ですか?
 ふわあっと先生の周りが光と闇っぽい何かに覆われていきます。
 って、それは何ですか、先生!!
『クリムゾンウィング、カリスと接続終了しました』
「了解」
 えっと、あれ? 接続ってどういうことですか?
「美柚の着眼点は素晴らしいよ。全弾敵にぶっ放すってのも。ただ、固定されないと、攻撃がぶれて敵の弱いところに当たらない。それじゃあ、せっかくの攻撃も台無しだ」
 先生の目の前に、銃の引き金のようなものが現れました。
「だから、人型に変形したカリスとクリムを接続して、動かないよう固定した上で、無限大の力を敵にあげることにしたんだよ」
『出力最大チャージ完了』
「名づけて、サナスペシャルハイパークライマックススラッシャー。ジ・エンド」


 ちょっと待ったぁーーー!! 何気に私の名前付けないでください、そんな凄い技で!!


「え? 好きな人の名前を付けるの基本でしょ?」
 ちなみに、私が叫んでる間に……敵が消滅しました。
 残ってた雑魚も一緒に、全部、まっさらに。
「き、基本じゃ、ないですっ!!」
 気づけば、私はいつものカリスちゃんの座席に座っていて。
「副会長、やったよ、やったーっ!!」
 やってきた美柚ちゃんに両手を掴まれて、ぶんぶん振り回されて。


 こうして、私達は、平和な世界を取り戻したのです。


 えええええええええっ!?

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く