私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

新しいラインディーヴァ

 先生や、ラインディーヴァの技師の人達とかとで、シミュレーション三昧の日々を送っています。
 もちろん、あれから数回、実戦もこなしてます。全て、私と美柚ちゃんとで、なんとか切り抜けたけど、まだまだ油断できません。
 そろそろ新しい武器とか欲しいなー。


 あ、どうも、こんにちは。柊沙奈です。
 大体は技師さんと私の二人でシミュレーションをしているんだけど、たまに先生や美柚ちゃんが来て、実践さながらの模擬戦とかもやっちゃってます。
 まだまだ先生のフォローが必要だけど……。
「柊さん、また腕をあげましたね!」
 技師の人にそういわれて、私もちょっと嬉しいです!
「そうですか? でも、まだ命中率が70パーセント。美柚ちゃんは90パーセントだから、もっともっとがんばらないと!」
「でも、普通の人は50行けるか行けないかくらいですよ? もっと自信を持ったらいかがですか?」
 なんていわれちゃうと、本当に顔が綻んじゃうよね。
「そ、そうかなー?」
 てへへーって、嬉しそうに頭を掻いてると。
「ここにいたんですか、柊さん」
「あ、先生」
 って、あれ? なんで笑顔がちょっと怖いんですか? 訓練に付き合ってくれた技師さんが縮こまっちゃってますよ?
「僕のいないところで、何話してたんですか?」
 だ、だから、プレッシャーかけないでください!
 もう、技師さん、がたがた震え上がっちゃってますよ?
「えっとですね、私の命中率が上がってきてるって話です。最初は60パーセントを維持するのが大変だったけど、ほら、70パーセントくらいに上げることができましたから」
 技師さんの前に出て、かばうようにそういいました。
「そうですか。なら、もう一度、試してみませんか?」
「へっ?」
 にこっと微笑んで、先生は私をシートに押し付けるかのように。
「沙奈。一拍置いて、撃ってみてください。そうですね、一秒待って、自分の狙う場所に撃つ感じですね」
 そう耳打ちしてきました。
「え? 一拍?」
 先生の指示により、技師さんは、再度シミュレーションを起動。
 私も終わったばかりなのに、もう一度、シミュレーションをすることになっちゃって。


 ………ええええええっ!!


「すすす、凄いですよ、これ!」
 技師さんの驚きに先生は、ちょっとドヤ顔で。
「ね、命中率、すごく上がったでしょ?」
「あああ、上がったってもんじゃないですっ!! うそ、私が、80パーセント越え……」
 あわあわとしている私の頭に、先生はぽんぽんと撫でてくれた。
 お陰でちょっとだけ、落ち着きを取り戻しました。
「慣れれば、90パーセントも夢じゃないよ。素質は十分にあるんだから。でなきゃ、パイロットにはなれないからね」
「きゅ、90……」
 ぼんやりしていると、校内放送がかかった。
『浅樹先生、2年の柊さん、至急、地下倉庫まで来てください。繰り返します……』
「さあ、行こうか?」
「え、あ、はいっ」
 なんとか、技師さんにありがとうを伝えてから、そそくさとその場を後にします。
 まだちょっと先生の機嫌が悪かったけど、手を繋いだら、いつもの先生になってくれました。よかったよかった。


「うーーーズルイー」
 目の前には、新型のラインディーヴァが鎮座していました。
 しかもカラーは赤。
 私のじゃないです。むー。
 ただでさえ、美柚ちゃんは、新型機を使ってたのに、新しくできたラインディーヴァちゃんも美柚ちゃん専用になっちゃってます。
「ごめんね。けど、沙奈が乗ってるカリスも良い機体なんだよ?」
 そう先生が耳打ちしてくれるけど。……そりゃそうなんだけどー。
「それで、望月。名前は決めたのか?」
 主任の先生に言われて、美柚ちゃんは答えました。
「クリムゾンウィング。略してクリムです」
 おお、格好いい名前!
 美柚ちゃんは会長と一緒に、新しい機体に挨拶をしています。
 愛しそうに触って、美柚ちゃんも会長も嬉しそう。
「私も新しいラインディーヴァちゃん、欲しいなー」
「うん、考えとく」
「なんで、先生が考えとく、なんですか?」
「あれ、言ってなかったっけ? 僕、ラインディーヴァの開発者の一人、なんだけど?」


「ふええええええっ!!!」


 そんなの、知らないってば! それに、先生は私の担任で、そのっ!!
「うん、それは表向きね。本当はラインディーヴァ製作者。ココに来る前まで、博士って言われてたよ」
 なんだってーーーーっ!!
 ラインディーヴァは、実は、先生が作ったもの、だったそうです!!
 ふええええええっ!!!

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く