私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

私を抱いてくださいっ!!

 ど、どうも、こんにちは。
 柊沙奈です。
 えっと、ついさっき、自動販売機のそばで、その、凄いことを教えてもらいました。


 えっとその、先生に抱いてもらったら、強くなれるそうです!!


 って、それって、どういうことですかっ!!
 どうして、そんなことになっちゃってるんですかっ!!


 そりゃまあ、先生、むっちゃ格好いいし、紳士だし。
 それに、抱いてくれたら嬉しいかなーとかも思うけど、それには順序というものがあるってことでっ!!


 ででで、でもっ!!
 私は美柚ちゃんのように、凄くない。
 なんとなく、それはわかるよ、私にも。
 だから、先生に迷惑かけないよう、その……だだ、抱いて……ごほんごほん。
 というわけで、今、私は自分の部屋にいます。
 で、先生をメールで呼んでみました。
 たぶん、もう少ししたら来るんじゃないかな?
 ううううう、すごく、その、すごく緊張してきた……。


 こういうのって、本当は恋人になって、そして、婚約者になって……で、結婚してから、初夜を迎えるもの……だよね?
 やっぱり、アレなのかな?
 痛いのかな?
 いや、それよりも、その、あんまりそういうの見てないから、どうやればいいのかわからないし……。
 そしたら、先生、幻滅するかな?
 いや、それよりも、先生の裸って凄いのかな?


 ……って、何考えてんの、私っ!!
 いやそれよりも、どうやって、切り出そう……。


 なんて考えてたら。
 ぴんぽーん♪
 インターホンが鳴りました。
「ははは、はいっ!!」
 すぐさま出てみると。
「こんばんは、沙奈。大切な用があるって聞いたけど」
「ど、どうぞ、入ってください」
「そう簡単に男性を部屋に入れちゃ駄目だよ?」
 とかいいながら、先生は靴を脱いで部屋に入ってきます。
「その、先生は私の担任だから、その、いいんですっ」
「じゃあ、それ以外の男性は、すぐさま上げないこと。できるだけ、チェーンを使うようにね」
「は、はい……えっと、そちらに座ってください。あの、麦茶でいいですか?」
「沙奈が入れてくれるのなら、どんなのでもいいよ。っと、失礼します」
 私が指し示した座布団にすとんと座って、先生はにこにこと待っていてくれている。
「す、すぐ持ってきますっ」
 うう、緊張してきた。手が震えて、零れないようにするのが大変です、ええ。
「ど、どうぞ……」
「ありがとう」
 さっそく先生は私のもってきた麦茶を飲んで。
「で、用事って何かな?」
 ききき、キターっ!!
 いや、呼んだのは私なんだから、うん、概ね私のせいなんだけどね。
「えっと、その……えっと」
 ぎゅっと手を握って、俯いたまま、顔を真っ赤にさせて、覚悟を決めて言いました。


「私を、そのっ!! だだだ、抱いて、くださいっ!!」


 ………。
 ……………。
「いいよ」
 長い沈黙の後、先生は静かにそう告げました。
 って、えええ? いいのっ!?
「でも沙奈、どうして、抱いて欲しいの?」
「そ、それはその……」
「美柚から、聞いたの?」
 って、なんでそれ、知ってるんですかっ!?
 思わず、こくんと頷きました。
 すると、先生は今度はふかーいため息を零して。
「沙奈」
 えっと、ちょっと目が据わってるように見えるのは気のせいですか?
「何ていわれたか知らないけど、僕が抱いて何も起きなかったらどうするの?」
「えっ……」
「だって、抱いて済む話じゃないよね? これ」
「えっと……その……」
「それに君を抱くというのは、様々な責任がかかってくる。そのことも考えていた?」
「それは、その……」
「その場の雰囲気で決めるな」
 冷たくそういわれて、私は涙が止まらなくなっちゃいました。
「だ、だって……だって……」
 ぐずぐずになりながら、答えます。
「美柚ちゃんは、全部知ってて戦ってるし、先生も会長も知ってるっぽいし、私だけ置いてけぼりで……それに私、弱くて……だから、だから……」
「だから、そんなことを言っちゃった?」
「んっ……」
 ぽろぽろ零す涙を、先生は優しく、持っていたハンカチで拭ってくれました。
「そんなことよりも、もっと確実でやれること、あるでしょ?」
「……シミュレーションで練習、するとか?」
「そう。それに、沙奈はついさっき、いろいろ知ったばかりなんだから、差があるのは仕方ない。だけど、その差を縮めることはできるはずだよ。これからがんばればいいんだから。そのために、僕はここにいる」
 また、止まりかけた涙が溢れてくる。
「わかった、先生……私、がんばるよ」
「うん、その意気だ」


 こうして、私は翌日から、ばんばんシミュレーションをこなす事になったのです。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く