私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

知らないことが多すぎて

 ラインディーヴァから降りてきた美柚ちゃんに駆け寄る私。
 だけど……無事を喜ぶ私を待っていたのは、労いの言葉でも、ありがとうの言葉でもなく。
「あんた、少しでも覚悟を持ってやってたのか!? わたしは命をかけて、全てをかけて戦ってたんだ。あんたは、その覚悟を持って、全てを知って、これに乗っていたのかっ!?」
 え? それってどういう……!?


「言ったはずだ、覚悟のないやつに、それに乗る資格はないっ!!」


 私は美柚ちゃんにそういわれて、半ば呆然とするしかなかった。
 覚悟ってなに?
 私が知らないことはいっぱいあるよ?
 もしかして、美柚ちゃんは、それを知っているの?
 何も言えずに、私は先生に促されるまま、学園の特別寮へと連れて行かれたのでした。


「……で、あるからして、我々が開発したラインディーヴァは、女性しか乗り込めない構造になっており……」
 主任の先生がレクチャーしてくれているけど、よくわからないことばかりだった。
「ラインディーヴァのダメージは、主に機体やパイロットではなく、サーバーが補うことになる。それによって、機体も優秀なパイロットも失うこともなく、本作戦に向かえるものとなっている。また……」
 サーバーってなに? よくわからないことばかりだ。
 それに……。


『覚悟のないやつに、それに乗る資格はないっ!!』
 だから、それを実感する前に、私はラインディーヴァに乗らされたんだっつーのっ!!
「ああんもう、イライラするっ!!」
「お、柊。ちゃんと説明、聞いてたんだよな?」
 あっ……。
 その後、私はみっちり主任の先生に指導を受けて、へとへとになって、教習室を出たのでした。あううう。


「お疲れ様」
 そっと、私の大好きないちごみるくを差し出してくれたのは、浅樹先生だった。
「先生……ありがとうございます」
「どういたしまして」
 ごくごくと飲み干して、私は、深いため息をつく。
「先生、私……乗っちゃいけなかったんですか? 何にもわからないし、ただついていくだけで精一杯で……」
「僕は君がいなければ、カリスには乗れないよ」
「えっ……」
 ふっと微笑んで、先生は続ける。
「もちろん、沙奈の知るべきことは多いし、やることだって多い。でも、それでも僕は、君に隣にいて欲しいんだ。……それじゃ、駄目かな?」
「だ、駄目じゃないです!」
 憂いを帯びた先生の瞳に、私は思わずそう叫んでいました。
「よかった。じゃあ、もう休もうか。初めての戦いで疲れているだろうし、部屋はこっちだよ」
「あ、でも私、家に連絡しないと……」
「それはもう終わってるよ。沙奈の家族も了承済み。だから安心して?」
「は、はい……」
 そして、私は案内された部屋で、あっという間に眠りについたのでした。
 うん、あれは意外とハードだったよね。


 っていうか、ゆっくり休ませてくださいっ!!
 翌日の明け方に、襲ってくるシャドウガウルにがつんと言わせてください!!
 もう少し寝たかったよ、先生っ!!
「うん、そうだね。でもそんなこといったら、変な誤解を受けるかもしれないから、僕以外にはいわないようにね?」
「え? それってどう……わきゃああああああ!!」
 慣れない発進にまた叫んじゃいました。てへ。
 それはさておき、とにかく、このイライラをぶつけるべく、シャドウガウルをガンガン倒して、ゆっくり休みたいです!!
「うん、その意気はいいね」
 でしょ?
 お陰で調子がいいです!! えいえいえいっ!!
「でも、油断しないようにね?」
「はいっ!!」
 一匹残らず倒しちゃいますよ! 覚悟はなくとも、全部倒してみせますっ!!
「!! 沙奈、右4時の方向!!」
「えっ? 4時ってどこ……きゃああ!!」
 初めて、被弾してしまいました。
 ぐらぐら揺られて、ちょっと気持ち悪いです。
「……沙奈、沙奈! 大丈夫?」
「あ、はい。ちょっとクラクラしましたけど、だいじょ……せ、先生っ!!」
 そのとき、やっと知ったんだ。
 ラインディーヴァが被弾したらどうなるか。
 ダメージがサーバーに負わされる。
 サーバーとはすなわち。
「なんで、先生の腕が真っ赤になってるんですかっ!?」
「僕のことはいいから、早く前を向いて! 次来るよ!」
「でもっ!!」
「また当たりたいの?」
 その先生の一言に私はすぐさま操縦桿を動かした。
 なんとか、敵の攻撃を避けることができた。
 美柚ちゃんの言葉が、頭に過ぎる。


『あんた、少しでも覚悟を持ってやってたのか!? わたしは命をかけて、全てをかけて戦ってたんだ。あんたは、その覚悟を持って、全てを知って、これに乗っていたのかっ!?』


 そんなの知らないよ。
 知らなかったよ。
 でも……知らなかったでは済まされない。
 怪我をしても、先生は私のサポートをしてくれてる。
 私は目の前の敵を倒さなくっちゃならないんだ。
 先生が怪我をしたのは、私の所為なのに……。
 涙が溢れてきて、目の前がうすぼんやりとしてしまう。


「沙奈っ!!」
「嫌っ!!」
 避け切れないっ!!
 そんな中、助けてくれたのは……美柚ちゃんだった。
 私の機体ごと、体当たりでぶつかって、敵の弾を避けることが出来た。
 美柚ちゃんの機体だって、無事じゃ済まないんじゃないじゃ……。


『目を覚ませ! 今は戦ってる最中だ!! 泣いてる暇があったら1体でも多く、シャドウガウルを倒せっ!!』
「わかったっ!!」


 こうして、私はなんとか2戦目も生き残れたのでした。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く