私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

私、これでも副会長なんですが!?

 えっと、ちょっと整理させてもらっていいかな?
 私は柊沙奈。
 ちょっと陸上競技が得意な、ごく普通の学生です。
 ひょんなことから、生徒会の副会長になって。
 イケメンパラダイス的な、生徒会でがんばってたんだけど……。
 美柚ちゃんという、とんでもない後輩ちゃんが、ことごとく、彼らをゲットしてしまったことで、生徒会が機能しなくなっちゃいました。
 仕方ないので、一人でがんばって、新学期を迎えたら。
 浅樹先生という、これまたイケメンな先生の協力により、生徒会が復活の兆しを見せて。
 これからってときに………。


「なんなのよ、これはぁーーー!!」
 っていうか、絶対、ミサイルだけじゃ倒せないって!!
 現在、私はラインなんちゃら……。
「ラインディーヴァ。そろそろ覚えてね?」
「あ、はい」
 そのラインディーヴァという戦闘機に乗って、えっと……そう、シャドウガイルという、化け物みたいな敵をミサイルでぶっ飛ばしています。
 で、そろそろ終わりだってときに!!
「こんな馬鹿でかいの、ミサイルだけじゃムリですからっ!!」
「うん、ミサイルだけじゃ、倒せないね」
「じゃあ、もう終わりじゃないですかっ!!」
「誰も、ミサイルだけ積んでるって言ってないよ?」
 え?
「だから、他にも武器あるって。うーんと、ああ、これなんか良いんじゃない?」
「えっと……バスタービーム?」
 先生に言われて、表示を見た。英語とご丁寧にカタカナの振り仮名まで振られて、そんな風に書かれていた。
「うん、それ。今、武器、それに切り替えたから大丈夫。ほら、美柚ちゃんも攻撃始めたよ」
 ずばっと、凄いビームでガンガン母艦みたいな敵に撃ち込んでる。
 うお、私もやらないとっ!!
 母艦は小さいシャドウガイルを繰り出して応戦してるけど、ビームで一気に減らされるから、あまり効果は出ていないみたい。
 その間に私達は、母艦にビームを何発も当てて。


 ドカンっ!!


「やったあっ!!」
「うん、やったね。これで終わりみたいだ」
 やっとこさ、戦闘終了ーっ!!
 ああ、怖かったー。本当、こんなの勘弁してもらいたいよ。
 私の蒼いラインディーヴァこと、カリスちゃんは、すいーっと、学園のグラウンドに着陸。美柚ちゃんも隣に着陸しました。
 この戦闘機、滑走路なくてもオスプレイのように着陸できるから、そんな広いスペースなくても平気なんだよね。
 うん、凄いよ、ラインディーヴァ!!


 じゃなくってっ!!
 ばくんと開いた扉から、私は勢い良く飛び出して。
 降りてくる先生に突っかかった。
「ちょっと、先生! これってどういうことなんですか!?」
「どうもこうもないよ。それよりもおめでとう、柊さん。君も望月さんも、立派なラインディーヴァのパイロットだよ」
 そう微笑まれて、しまいました。
 とにかく、あの化け物、ぜーんぶ倒したんだ。
 早く美柚ちゃんのところに行かなきゃ!
 弾む足取りで、私は美柚ちゃんが降りてくる紅のラインディーヴァの元へと向かったのだった。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く