私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

このままずっと、続くんだと思ってた

 翌日。
 私はいつものように、登校。
 2日も休んだお陰か、すこぶる体が調子が良いです。
 っていうか、2日だけの休みだってのに、早くグラウンドが走りたくてたまりません。
 すると、玄関にいた主任の先生がいいました。
「おっ! 柊。いいところに来た。今日の放課後、サイクルシミュレーターやってくれないか?」
「えーっ!! ……まあ、いいですけど」
 サイクルシミュレーターっていうのは、バイクみたいな機械を使って、シミュレーションするってやつです。まあ、もう少し分かりやすくいうと、バイクの教習シミュレーションみたいな感じでしょうか?
 ついでにシューティングとかあるので、結構、難しいんだよねアレ。
 生徒の身体能力をそれで測れるって言うんだから、本当に凄いシミュレーターだよ。
「おう、今日も期待してるぞ、柊」
 ぼんと背中を押されて、ちょっとよろける。まあ、転びはしないけどね。
「えっと、がんばります」
 それにしても、今日は本当にいい天気だなー。
 そんな風に空を見上げていると。
「……マジで?」
 いつの間にか、傍にあの美柚ちゃんがいた。
 しかも、空を見上げて、なんだか怖い顔してる。
「どうかしたの、美柚ちゃ……」
 私の声は、空を切り裂くような戦闘機の音でかき消された。
 え? 戦闘機?
「副会長、生徒を今すぐ、校舎に誘導してください。今すぐです!」
「え、あ、はいっ!!」
 美柚ちゃんに言われるまま、外にいる生徒達をすぐさま校舎へと誘導していく。
 その間にも戦闘機はいくつも飛び立って……何かと戦っている。
 っていうか、あそこ、住宅地の上じゃないのっ!?
 ぼんぼん、戦闘機が落っこちてるけど、大丈夫なのっ!?
「柊さん!」
 そうこうしているうちに、浅樹先生もやってきた。
 先生も厳しそうな顔をして、こっちに近寄ってくる。
「な、何が起きているんですか!?」
 思わず、先生に掴み寄ってしまった。
「まだ始まったばかりだよ」
 先生は静かにそう告げる。
「望月、こっちに来てくれ!!」
 主任の先生が美柚ちゃんを誘導して。
「蒼君、お願い。一緒に来て。わたしが全て、何とかするから」
 だから、それって、どういうことなのっ!?
 主任の先生は、そのまま美柚ちゃんをグラウンドに連れて行くと、近くにあったステージ台から、何かの操作盤を引き出して、ボタンを押した。


 ………ななな、何あれっ!?


 ばっくーんと、グラウンドが真っ二つに割れて、そこから、先ほどの戦闘機よりも格好いい、紅色をした飛行機らしきものが競り上がって姿を現した。
 って、なんで、この学園にそんなのがあるわけっ!?
「最新鋭のラインディーヴァだよ。人型にも変形できるけど、基本は戦闘機だね」
 って、なんですかその、ラインなんちゃらって!!
 なんで、先生、詳しいんですか!?
 そんな突っ込みしている間に、美柚ちゃんと会長が、それに乗り込んでいきます。って、ちょっと待ったっ!!
 ダッシュで走って、その戦闘機の傍に向かいます。
「ちょっと、何で美柚ちゃんが乗ってくのよっ!!」
「仕方ないでしょ!? グランブレイクを起こさないためには、私がこの子に乗って、シャドウガウルを倒さないといけないんだ!! こっちは急にアレが使えなくて、幸せなひと時をジャマされんだからっ!! ああんもう、こうなったら、覚悟を決めていかないと……ほら、どいて!! 自衛隊なんて、すぐやられちゃうんだから」
 私は美柚ちゃんに言われるまま、戦闘機の傍を離れる。
 そして、美柚ちゃんは……その戦闘機をしっかりと操作して、飛ばしてしまった。
 それだけじゃない。
 わんさかいた空からの怪物、えっと、シャドウなんたらだっけ? それを次々と攻撃して、消し去っていく。
「う、嘘……」
 そんな力があるなんて、知らなかった。
「流石だね。初陣であれだけやるなんて、大したもんだよ」
「って、浅樹先生!」
「けど、それも長くは続かなそうだ」
「え?」
 思わず、空を見る。
 シャドウなんたらがどんどんどんどん現れているじゃないか!?
「ちょ、マジですか!?」
 きっと、空で戦ってる美柚ちゃんもそう思っているはずだ。
「というわけで、柊さん。一緒に来てくれる?」
「え? ええっ!?」
 私は先生に引っ張られるように、校舎へと入っていったのです。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く