私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

先生VS美柚 バトル勃発!?

 先生と話をした、私。
 すぐさま、先生は美柚ちゃんの所へと向かいました。私も一緒に連れて。
 っていうか、先生、美柚ちゃんのいる場所、何で知ってるんですか!?


 よくよく見たら……うわ、美柚ちゃん、ものすごいハンパないオーラを撒き散らしてます。ちょっとこっちもクラクラしてきました。
「あ、先生! 来てくれたんですか? 嬉しいです!」
 にこにこーっと、キラキラ笑顔で美柚ちゃんが答えてくれました。
「こんにちは、望月さん。今日はちょっと話に来たんです」
 先生はそんなキラキラ笑顔を物とせず、憮然とした態度でけれど、口元には笑みを乗せながら会話を切り出します。
「まあ、先生から話だなんて……なんでしょう?」
 美柚ちゃんは頬を染めながら、わくわくと耳を傾けてきました。
「生徒会の人達が使い物にならなくなったって聞いたんだけど、それは本当?」
 すると美柚ちゃんは憂いを込めた瞳で、言いました。
「みんなの働く姿を見たいって言ったんですけど、全然、聞いてくれなくて」
「そう、ありがとう。もういいよ」
「え?」
 先生は私の腰(!)に手をかけて、歩き出しました。
「あ、先生! 話は、その、もういいんですか?」
 名残惜しそうな美柚ちゃんに、先生は一言。
「うん、それだけ聞きたかったから。ありがとう」
 そういって、そのまま行こうとしたんだけど、ちょっと足止めて、先生は振り返りました。


 私はそのときの先生を、忘れません。
「そうそう、僕、無能な人はいらないんだ。その意味、分かるよね? もちろん、無能を作り出す相手もね」
 なななななな、なんですか、その、誰もがぴきーんと凍りつきそうな、おっそろしい眼力は!
「さあ、行こう。まずは新しい生徒会を立ち上げるところからだね」
「えっと、先生?」
「ん? どうかした? 柊さん?」
 私を見る瞳が、すっごく優しくて。
 きゅんとしてしまいます。
「う、ううん、なんでも、ないです……」
 ですが、先生はそれだけでは終わりませんでした。
 二人っきりになったのを、見計らって。
「そう? ならいいんだ。それとね、柊さんに言いたいことがあるんだ」
 にこっと微笑んで、続けます。
「二人っきりのときは、沙奈って呼んでもいいかな?」
「ふえええええ!!?」
「僕と君との、二人だけの秘密だよ」


 ちょちょちょ、ちょっと待ってください!!
 そそそそ、それは、どういう、意味……ですかぁーーっ!?

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く