私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

みゆにっき その3

 新学期に入って、更なるイケメンズ狩りに邁進中。
 ここでしか手に入らないイケメンズも多いので、リセットを多用して、一人一人、手に入れていた。


「あれ?」
 一人、不思議なイケメンがいる。
 ゲームで見た覚えのない隠れイケメンだ。
 なんで、分かったかというと、わたしの類まれなイケメンセンサーが異様な反応を示したからだ。
 眼鏡とちょっとズレた雰囲気で、武装しているが、そんなんで、わたしの目を欺こうなんて、まだまだだ。
 ついでに、リセット技と共に得たステータスを見る能力を発揮する。
「えっ!?」
 名前は分かったが、それ以外が何故か、???で隠されている。


 ―――これは、どういうことだ?


 今まで、こんなことはなかったが……もしかすると、ステータスMAXにしないと出てこないレアキャラなのかもしれない。
 ゲームでは、ここまでステータスを上げた覚えがなかったので、それはそれで新鮮だ。
 思わず、にんまりと笑みが零れてしまう。
 まずは簡単に挨拶をして、出会いフラグを立てておこう。


「こんにちは、先生」
 そういって、いつもの笑顔で声をかけてみた。
 普通はこう微笑めば、どんな相手でも今では怯んでしまう。
「こんにちは。君は二年の……」
「望月美柚です。今後、いろいろとお世話になるかもしれないと思って、ご挨拶させていただきました」
 にこっ。もう一度、微笑んでみた。
「ああ、わざわざ挨拶ありがとう。でも、僕は3年の担任で、教えるのも3年だけなんだ。一応、英語を教えているから、わからないことがあったら、尋ねておいで」
 そういって、彼もまた、にこりと微笑んだ。
「それは残念です。今年一年、先生と楽しく過ごせると思ったんですが」
「大丈夫だよ。君のような子なら、すぐにでも友達ができるから。僕のような先生を友達にしないで、学生同士仲良くね」
 にっこり微笑まれて、そのまま職員室へと戻っていった。


 …………。
 ………………こ、これは、本当に攻略対象じゃないのか?
 いや、まだフラグが立っていないだけだ。


 わたしはそう思い直す。
 とにかく、作戦の練り直しが必要だろう。
 それに、わたしにはまだまだ時間があるのだ。
 家に帰って、攻略ノートを確認しようと心に決めたのだった。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く