私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

変身効果も……太刀打ちできず?

 ど、どうも、その……こんにちは。
 沙奈です。
 ちょっといつもより、挙動不審なのは……えっと、気にしないでください。
 というかっ!!
 ついさっき、おにいちゃんズに変身させられてっ!!


 クセっ毛な髪が、つやっつやのキューティクル。
 ボリューミーさがナチュラルに一つに纏められていて、いつものヘアーとは全く違います。
 そして、目!
 眼鏡ないです! 生まれて初めて、コンタクトさせられました!!
 しかも妙に視界がクリアで怖いです!!
 ついでにいうと、皆、私を見ているのが、すぐにわかって、恥ずかしすぎるっ!!
 まだあるよ、顔!!
 リキ兄がナチュラルメイクとか言って、なんていうか、別人になってます、顔が!! でも、色はナチュラルに相応しい地味目な色でやってくれたので、先生方は気づいていないっぽいです。
 メイクしてるだろっていわれてないです。今のところ。
 それに体だって、私じゃないみたい!
 琉架兄に無理やりつけられた、矯正下着で、ナチュラルにぼっきゅっぼんです。ええ。まさか、背中の肉がまるっとなくなってしまうなんて、私もびっくりですよ、ええ。その代わりお胸がいい感じにふっくらして……こほんこほん。
 それだけじゃないの。さすが、矯正下着!
 矯正させるのは、体だけでなく姿勢までも矯正してくれるという、優れもの!


 …………ねえ、言わせて貰って良いかな?


 こんなん、望んでいなかったよ、お兄ちゃんっ!!


 ふあーーー!!
 恥ずかしいよう、注目されてるよ。
 で、でも、この変身で、何かが変わったら、それはそれで嬉しい……。


 恥ずかしさを堪えつつ、頬を染めながら、私はあの人を見つけた。
「か、会長!」
 しかも一人っ!
 チャーンスっ!!
 きゅぴーんと、私の瞳が光ります。


 すぐさま、びゅーんと会長の元へ行き、試してみることにしました。
「か、会長、こんにちは」
 そこ、何言ってるのなんていわないで!
 変身してるとはいえ、元はかわらないんだから。
「え? えっと、君は……?」
 どうやら、会長は私のことに気づいていないみたい。
「あ、あの、柊です。副会長の」
 そういうと。
「え? あああ!!」
 やっと気づいてくれましたか、会長!
 でないと、困ります、はい!
「その、いつもと違うから、驚いたよ。副会長」
 すみません、私もその、驚いている最中です。いろんな意味で。
「で、僕に何の用?」
 なければすぐに出かけるよと言いたげな台詞に私は慌てながら。
「あ、あの……もうすぐ、コンクールが近づいているので、その準備を一緒に手伝っていただきたいと……」
「ああ、あのコンクールね。でもごめん。その日忙しいから、また今度ね」
 ちょ、ちょっと待ってください!!
 忙しいから、また今度って!?
「忙しいって、何があるんですか?」
 私はすぐさま食らいつく。
「彼女の誕生日なんだよ、その日」


 か、かの……じょ……!?


「だから、美柚みゆの誕生日なんだ。そのパーティとかの準備が忙しくてね」
「いや、その……」
「本当に、ごめんね?」
「ごめんねで済むなら、警察はいりませんってば! 会長! 学園みんなの行事と、たったひとりの女の子のイベント、どっちが大事なんですか!?」
「もちろん、美柚の誕生日だよ!」


 その後、1時間論議しましたが、平行線を辿る一方で、論議にもなりませんでした。
 そう、結局。
 変身もその美柚ちゃんとやらの誕生日に、まったく歯が立たなかったのです。
 そんなこと、流石にお兄ちゃんズにはいえなかったので、まあ、なんとかなった……かも? というくらいしか出来ませんでした。


 そういうわけで、コンクールは先生の協力と友達の力を借りて、なんとか運営することができたのでした。


 っていうか、美柚って……誰っ!?
  

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く