私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

コンピュータ室で会いましょう

 誰もいないコンピュータ室。
 一人で生徒会の作業をしていると。
「……柊?」
「あ、桐生先輩、こんばんはー」
 機嫌の悪そうな桐生先輩がやってきた。
「何をしているんだ?」
「各学年に配布するプリント作成ですよ」
「そんなもの、家でもできるだろ?」
 残念、家にはパソコンという文明の利器はありませんでした。
 なので、先生にお願いして、ここのパソコンを借りているのです。
「……なるほど」
「でも、もうすぐ終わりますよ。もう印刷も終わりましたし、後はこのソフトを閉じれば……あれ?」
 余裕な顔でさっきまで使っていたソフトを終了させようとしたら……画面が固まっちゃったんですけど!!
 いや、もっと分かりやすくいうと、その画面のまま、パソコンが止まっちゃったというか!!
 うわわ、こういうときってどうするんだったっけ!?
「……たく、こうすればいいだろう? 習わなかったのか?」
 桐生先輩は慣れた手つきで、私のすぐ後ろから手を伸ばして、キーを打つ。それと同時に新たなウインドウを表示させて、マウスを動かしクリック。
 すると、さっきまで閉じれなかったソフトが終了してくれました。
「強制終了の仕方、覚えておいて損はないぞ?」
「……ですね。えっと……どうやるんですっけ?」
 私のその言葉に、桐生先輩はきょとんとした顔をしたと思ったら。
「ぷくくく、お前、鳥頭か?」
「そ、そんなんじゃないですっ。ただ、先輩の操作が早くて覚え切れなかっただけ……っ!!」
 振り返って、私は更に抗議しようとして。
 すぐ目の前に先輩の顔があって。


 ふええええええ!!!


「ほら、教えてやるから。ちゃんと覚えて置けよ」
 びっくりする私をくるんと椅子を回して、先輩はモニター側へと体を向けさせた。
「いいか、まずはこのキーと……」
 耳元で囁くかのように、教えてくれながら、覆いかぶさるようにキーを教えていく。


 だ、だから、近いってばっ!!


 けど、お陰でなんとか、やり方はマスターしました。はい。
 いや、それよりも……。
「で、柊。ちょっと聞きたいことがあるんだが、いいか?」
「な、何ですか?」
「好きです」
「ふえっ!?」
「と、とある女学生に言われたんだが、やはりこれは男女交際の始まりなんだろうか?」
 うわ、びっくりした! 私が告白されたかと思ったっ!!
 いやいや、それよりもそれってっ!?
「男女交際って……なんて古い言葉を使ってるんですか」
「今はそういわないのか?」
「今は、付き合う付き合わないのどちらかでいいんですよ。まあ、とにかく、付き合いたかったら、付き合えばいいんじゃないですか?」
「だが、下手をしたら、不純行為にもなりかねん」
 不純行為だなんて、いったい、いつの時代の人ですか、先輩?
「だったら、先輩の思う付き合い方をすればいいんじゃないですか。先輩の思い描く、清い男女交際、始めればいいんじゃないですか?」
「……なるほど、そうだな。ありがとう、これで迷わずに済む」
「それは良かったですね」


 このとき、私はもっと先輩に追及すればよかったと、後悔したのは言うまでもなく。
 その後、桐生先輩も生徒会室に来なくなってしまったのです。
 合掌。

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く