私、これでも副会長なんだけど!?

秋原かざや

新たなはじまり

 どうして、わたしなの?
 何度もそう思う。


 どうして、わたしが選ばれたの?
 何度もそう思った。


 これは試練なのか、それとも……。


 だけど、選ばれたのなら、わたしはやるしかない。
 どうすればいいのかは、わかっているし、なにをすればいいのかさえもわかってる。


 でも。
 やはり、どうしてわたしが選ばれたのか。
 それだけがわからない。


 けれど、はじまってしまったからには、やるしかない。


 そう、やるしかないのだ。


 どんな未来が待っているのかさえも知らないとしても。


 そう、わたしはやるしかないのだ。


 この世界で……!

「私、これでも副会長なんだけど!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー332726

    おもしろくていいね!

    1
コメントを書く