話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

暗殺者が転生して死神になったそうですよ?

みらくる

仕事について

私はグリューの部屋の前に立った。
ガチャ……
「失礼します…」
私はグリューの部屋に入り、お辞儀した。
「お、来たか…かけてくれ」
私はグリューの部屋にある椅子に座った。 
「……ゴホン、さていきなりだが本題に入るとしよう。死神の仕事についての説明はいるか?」
「いいえ、全て本で読みました。」
死神の仕事、それは各世界の魂の回収。そして、いい魂は死神に転生させる。これが死神の大まかな流れだ。
「うむ、ではルナに行って欲しい世界は魔法が存在する世界、ログレア。そこで仕事をしてほしい」
「わかりました…いつぐらいから出発したらいいでしょうか?」
「うーむ……そうだな明日ぐらいでいいだろう」
「わかりました。明日出発します」
そう言い私はグリューの部屋を後にした。


『クロア?聞こえるか?』
私は念話でクロアに話しかける
『あぁ、聞こえるぞ。明日初仕事なのも知っている。』
『そうか……ちゃんと準備しておけ』
『おう』







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
投稿非常に遅くなり、申し訳ないです!
これからも、遅くなることもあると思いますが、気長に待ってください
では次の話で会いましょう





「暗殺者が転生して死神になったそうですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く