話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

暗殺者が転生して死神になったそうですよ?

みらくる

自殺

「もう、ここには居場所はない…」
暗く、静かな空間で1人の少女が呟く、そして………



目が覚めた。
(ここは……死んだ…のか……)
私は体を起こすとそこには少年がニコニコしながらこっちを見ている。
しょうがないので声をかけることにした
「あの……すいません、ここは?」
するといきなり少年は悲しそうな顔をして
「君はあまりにも哀れ…そして、たくさんの人を殺した…そして自分の命さえも……」
すると少年は、私の額に手をかざすと、
「人の死と、生、君の目で見てごらん。」
そう言って私の意識は薄れていった……


ーーーーーーーーーーーーーーーー読んで下さりありがとうございます。
好き放題書いていくつもりなので、よんでくれるとありがたいです。

では、次の話で会いましょう。

「暗殺者が転生して死神になったそうですよ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く