VRMMOをガチャで生き抜くために

りっきー

93話──ボス戦2

「ふぅ。この調子で行けば勝てるぞ! リルあと少しだけ頑張ってくれ!」

「はい! 頑張ります!」
先程同様にHPを削り、残りHPが3分の1を切りそうだ。

「よし! あと一息だ!  グレイス。行くぞ!」

(はい。)
俺とグレイスが攻撃を仕掛けた瞬間、リルの攻撃で【ネリウス・ザ・ウルフ】のHPが3分の1を切った。

「うわー!」

「クッ」

(くそー!)
俺達は10メートルほど遠くに飛ばされた。ボスは狂化して怒り狂っていて、攻撃力、スピードが少し上がっている。

(リル、グレイス、俺だ。俺は木の影に隠れて不意打ちするから。リルはいつも通りよろしく。グレイスは木の影に隠れられないからさっきと同じように攻撃して。)
俺は念話で話しかけた。

((了解しました。))

〜〜数分後〜〜
「よし。そろそろ攻撃出来るかな?」
俺は木の影から【信長の怒り】を使って【ネリウス・ザ・ウルフ】に襲いかかった。

「はっ!」
攻撃は当たったが、HPが僅かに残った。これが噂のミリ残しだな。

「くそ。俺はMPが残ってない。リル、グレイスあとは頼めるか?」

「任せてください。」

(了解しました。)
俺が休憩してる間に2人が倒してくれた。

「お疲れ様!」

「お疲れ様です。」

(お疲れ様です。)

「特に危険なことはなかったね。よかった。」

「ですね。私も上手く攻撃を捌けたので良かったです。」
報酬は称号とアイテムだった。特に珍しいアイテムはなかったので、必要になった時に説明しよう。

「じゃあ一旦家に帰るか。そろそろログアウト時間だし。」

(了解しました。私がお送りをましょうか?)

「お願いしようかな?」

(分かりました。)

「じゃあリルは亜空間に行っててもらえる?」

「そうですね。」

(では、行きますか。)

「うん。」
俺はグレイスに乗り、空を飛んで帰った。





「ふぅ。グレイスありがとな。」

(どういたしまして。)

「俺はそろそろログアウトしないといけないから。」

(了解しました。お気をつけて。)

リュウがログアウトしました。

「疲れたー!」
精神的に疲れていた。なので今日は出前を頼んでおく事にした。ピザを頼んだので30分で着くだろう。それまで俺はこれから何をするかについて考えていた。学校が始まるのであまりログインが出来なくってしまうからな。

「VRMMOをガチャで生き抜くために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • りっきー

    狂化ですね。

    0
  • 白夜

    ボス狂人化してしまうんですか?人化?人型に?

    1
コメントを書く