VRMMOをガチャで生き抜くために

りっきー

63話──お助け

俺は入ってすぐにマップを開き、魔物がいるところを探した。ダンジョン(洞窟)魔物は目が悪い為、人間の匂いに近寄ってくる習性があるからだ。そして、普段そこまで群れをなさないスケルトンやゾンビなどがたくさんいる所を見つけた。俺は1番近い所に行く予定だ。

「あっ!ここかな?早く行かなくちゃ!」
俺は【疾走】を使い、直ぐに辿り着いた。

「おーい。誰かいるかい?」
しかし、そこに人の姿は無かった。スケルトンに気づかれたので、あっさりと倒し、次の群れへと向かおうとした。

「キャーー!」
すると、近くで女の子の悲鳴が聞こえた。

「まさか!?」
俺は急いで声の聞こえる方へと向かった。そこには、一人の少女がゾンビの群れに囲まれていた。

「おー!!!!!!」
俺は少女を助けるべく、大声を出し、ゾンビの気をひいた。数体はこっちに向かってきたので倒しら他にはあと3体残っているので、少女の盾になるようにゾンビの前へと行った。

「大丈夫?助けに来たよ。」

「お兄さんありがとう...」
泣きそうな声だ。

「ちょっと待ってな!」
ちょっとカッコつけすぎかと思ったが、まあいいだろう。ゲームなのだから!っと、先にゾンビを倒しておかないとな。

「お兄さんだれ?」
俺は魔物を倒し終わり、少女と話している。

「俺はね、君の弟から依頼された冒険者だよ。【ヤミヤミ草(透明)】が欲しいんだよね?」

「うん。」

「じゃあ一緒に取りに行こうか。」

「え!?良いの!?」
急に顔が明るくなった。

「あぁいいよ。グレイス出ておいで。」

(主。どうされました?)

「疲れてる中ゴメンな。この子を乗せてあげてくれ。そのまま25階層のボスまで行く。」

(大丈夫ですよ。承知致しました。では、どうぞ。)

「グレイスの上に乗ってて。」

「分かった...」
俺達はゆっくりと下へ下がって行った。

〜〜3時間後〜〜

「次が25階だよ。ミナちゃん疲れてない?」

(主。ミナちゃんは寝ています。静かにしていてください。)

「あ、分かった。じゃあ俺が25階層のボスを倒してくるよ。(小声)」

(お願い致します。)
25階のボス?のような魔物を倒すと高確率で、【ヤミヤミ草(透明)】がドロップするらしい。因みにボスは【ゴーストキング】なので、【星魔法】で瞬殺してやろうと思ってる。

「じゃあ行ってきます。」

(お気をつけて)

「VRMMOをガチャで生き抜くために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • りっきー

    ありがとうございます!
    同じく書いてて好きなキャラです。

    1
  • 激しく補助席希望

    グレイス便利でいいキャラしてますね!お気に入りです。

    1
コメントを書く