VRMMOをガチャで生き抜くために

りっきー

54話──魔神の手先

「いやーすんげえ楽しかった!やっぱりゲームは最高だな!」

(そうですね!我もあんなに飛んだのは初めてです。)

「だろだろ?そう言えばなんか忘れてることがあったような気がするんだけど。」

(お肉ですかね?)

「いやいや、それはないでしょ!あ!思い出した!村の警備忘れてたよ!って事でグレイス索敵お願い!」

(仕方ないな、肉二切れで我慢してやる。)

「ぐ...分かった。」

(ええっと、村の周りには魔物は居ないですね。)

「おっ!ありがとう。じゃあ、警備の方は大丈夫かな?」

(え?しないんですか?)

「え?しなきゃダメかな?」

(また、遊ぶならしましょうよ。)

「分かった...」
警備を初めて3時間は、特に何も無かった。ただ、その後にグレイスの索敵に反応した魔物がいるからそいつは倒しておいた。

「ふぅ。そろそろ帰るか。」

(そうですね!お腹も空きました。)

「グレイスはどうせお肉だろうけどね。」

(そうですけど何か?)

「ははは、何も無いよ。」

(む?とても強い魔物がこっちに向かってきますよ。)

「どのぐらい強いの?」

(えっと、今までで1番強いと思います。気をつけてください。南南西の方向です。)

「うん!あ!いた!あいつか!え?空飛んでないか?」

(飛んでますね。あれが【アングラト】みたいなやつかな?)

「違うよ!【アングラウス・ロケイトス】だよ!」

(そんな感じでしたね。)

「うん!早く戻って報告しよう。」
俺達は急いで帰り、事情を説明した。すると直ぐに、【アングラウス・ロケイトス】が来た。

「お前ら、ちゃんと働いているのか。魔神様にお供えするものを早く持ってこい!」

「おい!待て!」

「お前は誰だ?」

「俺は、リュウ!冒険者だ!こんなことはやめて早く帰れ!」

「お前に指図される筋合いはない!消えろ!」
俺は魔法を食らった。

「くっ...」しかし、俺は最高装備を付けていたので、あまりダメージを喰らわなかった。

「人間にしてはなかなかやるじゃねえか、だがまだ、足りないな。お前のことは魔神様に報告しておく。きっといずれ戦うことになるだろう。その時は覚悟しておくんだな!今日の所はお供え物は要らない。明日にまた来るからな!逃げるなよ!さらばだ!」

「な、なんと魔神の手先を追い払った!」村の人達が喜んでいる。

「でも、俺は戦ってすらいませんよ?」

「それでも、凄いじゃないですか!」

「そうですかね?まあ、あと少しだけどこの村に滞在させていただきますね。また、すぐに来るそうなので。」

「うむ。分かったぞ!」

「VRMMOをガチャで生き抜くために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く