VRMMOをガチャで生き抜くために

りっきー

36話──称号なし!?

「ガチャ。こんにちは!」

「いらっしゃい!」

「マイさん。称号見ました?」

「あぁ、その件ね。アップデートすぐに称号が来るとか来ないとか。」

「え!?来ないことってあるんですか?」

「あるわよ?知らないの?」

「ま、まあ、俺は来たんでみんな来るものなのかなって思ってたんですよ。」

「そうなんだ!どんな称号がゲット出来たの?」

「これですよ。」俺はさっき見た画面を見せた。

「なんか色々とすごいわね。チートに近づいてきてるんじゃない?」

「いやいや、そんなことないですよ。それで、マイさんは何をゲット出来たんですか?」

「えっと、私は...何もゲット出来なかったわよ。」

「え!そうなんですか!?」

「えぇ。でも、著作権機能が追加されて、著作権を取得すると、称号が手に入るらしいわよ。あと、著作権を取ったやつは他の人が勝手に売れなくなったり許可を得たら、販売価格の5%がこっちに入ってくるんだってさ。」

「へー!すごいですね!俺には無縁のことですけどね。」

「そんなことないわよ?スキルも著作権登録出来るんだって。自分で作ったやつ限定よ?」

「マジすか?著作権のスキルを使用した場合の効果は?」

「ええっと、経験値の3%が自分に入るんだったと思う。」

「なかなかいいですね!」

「そうでしょ?生産系と冒険系のどっちもよかったアップデートになったわね!」

「そうですね!じゃあ俺は、そろそろ金集めしてこようと思います。」

「分かったわ!次は何を買うの?」

「家?だそうです。」

「いいですね!」

「そうですかね?なんか3人で住むって張り切ってましたよ。」

「そうなんだ!じゃあしっかとお金貯めて高級な家に住んだ方がいいわね。」

「え。俺はあんまり広くなくていいんですけど。」

「まあ、それは人それぞれだから、要相談ね。」

「はい。」

「じゃあ、お金集め頑張ってね。」

「はい!では、失礼します。」

「また来てね!」

「ガチャ」俺は【MAI'Sキッチン】を出た。

「さあ、ワールド2の所で魔物狩りしますか。」多分ワールド1より効率がいいと思うからな。俺はまた、テレポートを使って【始まりの街】を離れた。

「よし! じゃあアクセサリー付けて、ポーションちょっとだけ補充してから冒険へ出発だ!」

「VRMMOをガチャで生き抜くために」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く