話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

公爵令嬢の復讐劇

中島鏡花

協力者

「こっちよ。」

先ほどいた部屋を出ると、小さくて細い廊下があり、奥には食堂と台所と鉄の扉で閉まっている部屋があった。
アリアは廊下に出ると木製の階段を上り始めた。
私も後に続く。
二階に上がると、三つ部屋があり、アリアと私は二番目の部屋に入った。

「ここが私の部屋よ。
とりあえず、服を作るのにサイズを図らせて。」

部屋の作りはシンプルだった。
一人用の木製のベッドが一つ、木製建具小さな机と椅子が一つ、クローゼットが一つあった。
そして、天井には電気という物が付いていた。

「今から服を作るから、ソフィアさんはシャワーでも浴びてきたら。
後、これ私の服。少し小さいかも知れないけど、我慢して。」

彼女はそう言うと私に水色のワンピースと新しい下着とタオルを渡した。

「シャワー?」

私は初めて聞く単語に首を傾げる。

「えーと、入浴してきてって事。」

彼女は椅子から立ち上がり、部屋を出た。
案内してくれるらしい。
浴室と言われて連れて来られた部屋は私の予想より何倍も小さな部屋で、二人でやっと入れる広さだった。
そして、何よりも驚いた事は、浴室なのにお風呂が無く、代わりに部屋の壁に先に幾つもの穴の開いた鉄の棒が付けられていた事だ。
アリアが棒の横に付いている取手の様な物を右に回すと温かいお湯が出て、左に回すと冷たい水が出た、そして回した分だけ逆方向に回すと、水が止まった。

「凄い!何ですか、これ!?
世の中には魔法が存在したんですね!」

初めて見る超現象に私は興奮を抑えられない。

「分かったから、とりあえずシャワーを浴びて。」

アリアは面倒臭そうに言い、浴室を出る。

「はい!ありがとうございます!」


  ☆☆☆☆☆☆☆☆

アリアとソフィアが部屋から出て行ったのを確認してから、レオンが口を開く。

「あのソフィアって女の子、ミロンヌ公爵家のお嬢様だよね。」

「流石だな。まあ、最初からお前を騙せるとは思っていないが。」

「それで、俺にお前たちの恋を手伝えって事か。
やるな、デリック、お嬢様と駆け落ちなんて。」

レオンは感心するなと言うような表情でニヤニヤしながら言う。

「は?!駆け落ち!」

デリックは予想外の友人の返事に言葉もでない。

「え、違うの?じゃあ、デリックの片思い?」

「そういう話をしているんじゃない!
昨日ミロンヌ伯爵の屋敷が襲撃された。」

デリックの言葉にレオンは真面目な表情になる。
先程まで陽気な雰囲気は微塵も感じられない。

「やはり、そう言う事か...」

レオンは何かを考え込むように呟く。

「どんな些細な事でも良い、知ってる事を全て教えてくれ。」

デリックの頼みにレオンは頷く。

「一週間前くらいから、妙にこの町に来る人が増えたんだよね。
それも、人種、身分の様々で特に共通点の無い人達が。
でも、その人達には一つ共通点がある、そいつら全員腕に目の様な入れ墨があるんだ。
だから、町の連中は伯爵様が変な連中と関わりを持っているんじゃないかと疑っているよ。
まあ、見たところそれはミロンヌ伯爵を嵌める為の罠だったみたいだけど...」

彼はそう言い扉に目を向ける。
そして、一分も経たないうちに扉を叩く音が聞こえた。

「公爵令嬢の復讐劇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く