公爵令嬢の復讐劇

中島鏡花

町での身支度

私とデリックは町に入ったが、早朝の為あまり人がいなくて助かった。
デリックは裏通りに入り、不気味な店の前で止まる。
彼が三回ノックをすると、望遠鏡の様な物が看板から出てきて、私を見つめる。

「ひっ。」

私はこの奇妙な物に見つめられるのが嫌で、デリックの背後に隠れる。
この物体はデリックを認知すると、赤く光り、扉が自動的に開いた。
この異様な光景を見て固まったまま動かない私とは裏腹にデリックは慣れた様子で店に入って行く。

「別に怪しい所じゃないから怖がらないで入って。」

「別に怖がっていないわ。」

何処からどう見ても怪しいじゃないという言葉は言わずに私も店の中に入った。
私が店に入るとドアが閉まり、カチリと鍵が閉まる音が聞こえた。
店の中は真っ暗で、誰かの足音が近づいて来るのが聞こえて、私は身構えた。
誰かが地面に叩きつけられた音と苦しそうな声が聞こえた。

「デリック!」

私は心配になって彼の名前を呼ぶが、返事は無く、代わりにこの空間が目を開けていられない程眩しい光に照らされた。
私はやっと光に目が慣れてきて、瞼を開く。

「ほんと、デリックって手加減って物を知らないよね。」

痛いじゃないかとブツブツ言いながら焦げ茶色の髪をした私やデリックと同い年くらいの少年が立ち上がる。
彼は水中眼鏡の様な赤いレンズをした眼鏡を着けていて、茶色い靴とカーゴパンツと白いシャツを着ていた。

「自分は暗闇でも見える眼鏡を装着して、暗闇で目が使えない人を背後からから襲う人に手加減してやる義理は無いな。」

冷たい言い方だけど、優しい目をしていた。
相手も本当に怒っているようには見えない。
屋敷ではこんな表情しない...
デリックにこんなに仲が良い人がいるなんて知らなかった。
そして、デリックの事何でも知っている気になって、彼の事を知ろうともしなかった自分が恥ずかしく思えた。

「お兄ちゃん、もうデリックさんに負けるの何度目?
もういい加減諦めたら。」

私より1、2歳年下の焦げ茶の髪とエメラルドグリーンの瞳をした女の子が呆れたと言うような表情を浮かべて店の奥の扉を開けて立っていた。
彼女は栗色の袖の無いワンピースと中からは白い長袖の服を着ていた。
白い靴下と茶色靴を履いていて、腰まである髪は結ばれておらず、前髪だけ彼女の瞳と同じエメラルドグリーンの四葉のピンでとめられている。

「 アリアが電気を点けなかったら、まだいけたのに...」

電気とは窓も無いし、ランプも無いのに部屋が昼間のように明るい理由らしい。
天井に付いている細長い物が光っている事からして、それが電気だろう。

「地元に叩きつけられた人がよく言うわね。」

会話に入れない私に少女が気がつく。

「ここに来るなんて珍しいわね。
デリックさんの連れかしら?」

彼女の言葉に彼女の兄も反応する。

「こんな可愛い彼女がいるなんて隅に置けない奴だな。」

彼はニヤニヤしながらデリックの肩に手を乗せる。

「彼女じゃない。」

デリックは機嫌が悪そうに答える。

「へー、そうなんだ。」

彼は意外そうに呟いた後、私をまじまじと見て何回分かったような顔をする。

「とりあえず、自己紹介をしようか。
俺の名前はレオン . フォルト。
で、この女の子が俺の妹のアリア . フォルト。」

彼女はスカートを少し上げて、右足を一歩後ろに置き、低くお辞儀をした。

「私の名前...」

私が名乗ろうとするとデリックは私の言葉を遮った。

「彼女は俺の幼馴染のソフィアだ。」

デリックは強く厳しい口調で言った。
彼の目は真っ直ぐレオンを見つめていて、それ以上詮索するなと言っているようだった。

「とりあえず、ソフィアちゃんは二階でアリアに服を作ってもらって。」

そうレオンに言われて自分の服を見ると、ドレスは汚れていて所々破れている。

「お言葉に甘えさせてもらいます。」

私はそう言いアリアの側に行く。

「ついて来て。」

彼女はそう言うと扉を開けて、この部屋から出て行った。
私も彼女の後を追った。

「公爵令嬢の復讐劇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く