公爵令嬢の復讐劇

中島鏡花

私の婚約者

ソフィアとデリックは森の奥にあるソフィアのお気に入り場所、小さな湖の辺に着いた。

「綺麗!」

湖に太陽の光が差し込んで、キラキラと輝いている。

「小さかった頃よくここに来て遊んでいたの覚えてる?」

ソフィアは楽しそうにデリックに問いかける。

「ああ。」

彼は無愛想に答える。

「昔はもっと堅苦しい事無しで、普通に接してくれたのにな~」

彼女は口を尖らせる。
デリックは何かを決意した様な表情になり、何かを言おうと口を開いた途端、大きなラッパの音が聞こえた。

「オリバー様がいらっしゃったのだわ!」

彼女は心底嬉しそうな顔をする。
この国では招かれた客が敷地の門を潜った時にラップを吹く風習があるのだ。
これは、もし招かざる客が来た時に招待状が届いたなど、招かれたなどの言い訳が出来ない為だ。

「早く行こう!」

ソフィアはラッパの音が聞こえる方に走っていってしまった。
馬車が通る道まで約5メートルしかないからヒールのある靴でも大丈夫だろう。

「ちっ」

彼の舌打ちは森の静寂の中に消えていった。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「お待ちしておりましたわ、オリバー様!」

私が道路に出ると、馬車が止まり、オリバー様が出て来た。
オリバー アインベルナール様は二年前に知り合った私の3歳年上の婚約者で、大五公爵家の一つアインベルナール家の長男だ。

「久しぶりですね、ソフィア。
道路に出ては危ないといつも言っているのに、貴方と言う人は...」

「だって、早くオリバー様と会いたかったから...」

私がそう言い、下を向くとふわりとオリバー様の手が私の頭に触れる。

「別に怒っているわけじゃないから、顔を上げてください。」

彼は優しく私の頭を撫でる。
オリバー様はいつも私に優しく接してくれる。
私は嬉しくなり、顔を上げた。

「ところで、ソフィアはどうやってここまで来たのですか?」

彼は森の方に目を向けて問う。

「よくお越しくださいました、オリバー アインベルナール様。」

馬の蔦を木に固定するのに時間が掛かったのか、デリックは息を切らしていた。
彼はオリバー様にお辞儀をする。

「お前とソフィアの二人だけで森に来たのか?」

「はい、お嬢様のお供をさせていただきました。」

デリックは頭を下げたまま答える。
この国では、身分の高い者が頭を上げて良いと言うまで、頭を上げてはいけないのだ。

「そうか...」

オリバー様は何か考え込んだ後、私の手をとった。

「頭を上げて良い。」

その言葉でデリックは頭を上げる。
オリバーは彼をどこか冷たい目で見る。
そして、オリバーは私の方を向く。

「ここから屋敷まで遠いいでしょう。」

私はデリックの事が気になり、彼を見る。

「何をしているのですか、ソフィア?」

オリバー様は馬車に乗る事を躊躇している私に問いかけ、鋭い視線をデリックに向ける。

「では、私は失礼致します。」

デリックはもう一度お辞儀をして、森の中に入って行く。

「私たちも行きましょうか。」

オリバー様は私に優しく微笑みかけた。

「胡散臭え笑顔...」

オリバー様を尻目に見ながら零したデリックの呟きは幸い誰の耳にも届く事が無かった。

「公爵令嬢の復讐劇」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く