#140文字小説

北西時雨

2017/10/22

優しい影が、君を迎えに来るよ。そしたら君は真っ白の服を着て、ここを出ていく。僕はきっと少し泣いて、部屋を片付けて、カーテンを取り替えて、ぬいぐるみと写真立てを飾って……。それに毎日話しかけながら、何でもなかったように、過ごすんだ。だから、大丈夫だよ。うん。

「#140文字小説」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く