学生 トヨシマ・アザミの日常

ノベルバユーザー220935

1-2

 ―― 翌日 ――


「アザミ、おはよう」
「おはよー」


 アザミが初等部 3年C組の教室に入ると、エリサが挨拶をしてきた。


「あのあとハルザと何かあった?」
「何か?」
「たとえば狭いシミュレーターの中で意味深なことしたりとか」
「殴るよ」


 エリサの悪癖に、アザミは呆れる。


「まあいいや。 あ、おととい借りたマンガ返すね」
「はいよー」


 アザミはエリサが差し出した本を受け取り、スクールバッグに入れた。


「どうだった? これ」
「めっちゃ良かった。 このマンガさ、日常パートのあと必ずHしてくれるよね」
「そう、必ず……ラッパーみたいに!」
「ラッパー! いい例えだわ」


 エリサはアザミの前の席に座り、アザミは机のモニターがきちんと起動するか確認する。


「エリサさん。 夏イベに向けて描いてる新作の進捗はどう?」
「写植も終わらせたー」
「早いな」
「だって、あたし歩兵訓練も受けてるじゃん? 6月前には済ませないと、原稿に取り掛かる時間が作れないんだもん」


 エリサは椅子をアザミ側に向けて座り直し、作業中の液タブを見せた。


「そのジャンルって良いよねー。 本家が別次元を推奨してくれるから、うちとよそが理解しやすくなって、解釈に幅も出て」
「あたしは兎虎推しだけどね」
「他人は別次元なんだから、兎虎とか無問題のはずなのに、わたしは何故かダメージ受けるんよね」
「アザミは虎兎推しだっけ」
「うん。 マイナーだけど」


 自分が好きなカップリングを思い浮かべている最中、アザミは数年前のことを思い出していた。
 剣士×料理家か、料理家×剣士かで意見が分かれ、自分のTwitterのタイムラインが大炎上していた時のことを。
 当時は別次元という考え方も存在せず、お互い叩き合うだけだった。
 アザミもそのとばっちりで、酷い目に遭っている。


「1時限目から3時限目まで歩兵訓練だから、アザミはシミュレーター?」
「うん。 高等部の3年は自習らしいから、ハルザを呼んでもらってる」
「一緒にできるんだ?」
「教官達も『優秀な人に教えてもらえるなら最高だろう』って二つ返事だったし」
「そんなもんなのね」


 エリサが元の位置に戻ると、教室が少しだけ騒がしくなった。
 ふと時間を見ると、始業まで5分を切っている。


「みんなー! ちゃんと席に座ってー。 出席確認したらすぐに移動なんだから」


 クラスメイトに混ざり、C組の担任である『ホソカワ』教官が教室に入ってきて、少し眠そうな声で言った。
 ホソカワ教官の寝癖を見たアザミは、彼がまた寝坊してきたのだと察する。


「じゃあ、みんな出席してるか確認するよー。 確認が終わったら、アザミくん以外は、着替えを持って二階の更衣室に移動してねー」






 現在、主力として運用されているセクタは「ズムウォルト」と呼ばれている。


 ズムウォルトは操縦がしやすく、素直な挙動で応えてくれる機体だと、授業で教わった。
 だが、アザミが操縦するズムウォルトの場合、バックステップすればビルに激突し、水上を滑走すれば、何かに脚部を引っ掛けて転び、機体は池の底に突き刺さって逆さまになるのだ。


「アザミ。 お前、呪われてるんじゃないのか?」


 ハルザが淡々と言った。


「わたしは普通でーす」


 アザミはHUDを外して伸びをする。


『噂以上のやつだな、アザミってやつ』
『声を抑えろよ。 聞かれるぞ』
『構うもんか。 ハルザだって、運が良かったから飛び級できただけだろ』


 アザミの操縦を見ていたらしい高等部の誰かが、笑いながら話している。
 シミュレーターの中に居る2人に聞こえてくる音量で。


「気にすることはない。 アイツらは成績がぎりぎりの落ちこぼれなんだから」


 アザミは心配そうな表情を見せるハルザに対し、優しく微笑んでみせた。


「わかってる。 ありがとう」
「そうか。 なら、ちょっと立ち上がってくれないか? シミュレーターから出たい」
「いいけど」


 アザミがシートから立ち上がると、ハルザはさっさとシミュレーターから出た。
 そしてコンソールの側でしゃがみ、コンソールから一本のケーブルを引き出して、自分のスマートフォンと接続する。
 この接続方法は、シミュレーターの整備時に行うものだ。


「なにしてんの?」
「お前のシミュレーターのデータを見る。 操縦データというよりは、機体そのもののデータを確認したいんだ」


 ハルザの言葉に、アザミは肩をすくめる。


「いや、意味無いでしょ」
「お前達が普段確認するのは、個人の戦闘ログやら基本的な部分までで、そのデータは整備士でもないただの教官が見るだけだったろ?
 だから、このオレがもっと詳細な部分まで見てやるよ」


 そんなことをしても無駄だと思っていたが、アザミはハルザを止めなかった。
 仲が悪くなるのは嫌だ。 と、考えたからだ。


「準備できた。 アザミ、お前のIDだけ入力してくれ。 スマートフォンに入力画面が表示されてるはずだ」


 スマートフォンの画面を見ると、確かに数字キーが表示されていた。


「この画面か。 入力したよ」
「これで整備モードに切り替え、ログの吸い出しができるようにして、ズムウォルトのソフトウェアを呼び出す」


 ハルザはスマートフォンを睨んだまま途中で手を止め、黙ってしまった。


「なあ、アザミ」
「なに?」
「お前のズムウォルト。 どうして"2機分のデータ"がインストールされてるんだ?」


 ハルザの言葉の意味がわからず、アザミは首を傾げた。
 整備士やエンジニアを目指しているわけではないので、ソフトウェアのことはよく分からないからだ。


「つまり、お前のズムウォルトには、本来のデータを隠すように、偽の機体データを表示させる細工がされてたんだ」
「どうしてそんなことを?」
「知らねえ。 まあ、データはオレが見てやるよ」
「お願い。 ボク、ソフトウェア方面は素人だからさ」


 エクサの頭脳は、地球のものより高性能なCPUで構成されていて、個体によってはスーパーコンピューター3台分の演算ができる者もいる。
 この手の作業は、ハルザに任せることにした。


「コイツは、スラスター推力・反応速度をズムウォルトと比して25%向上させてあるらしい」
「それって、なんかすごいの?」


 ハルザはスマートフォンを見たまま頷く。


「凄いってもんじゃないさ。 パワー以外なら、2年前に完成した新型機『インディペンデンス』を上回ってやがる。
 ……お前はとんでもない機体のデータを使わされてたってことだな」


 スマートフォンの画面を注視したまま、ハルザはニヤニヤと笑う。


「ただし」
「ただし?」
「OSやフレームのセッティングはズムウォルトのままだから、とんでもなくピーキーな機体になってる」


 とんでもなくピーキー。
 その言葉でアザミは察した。


「ボクみたいに、シミュレーターで初めてそのデータを使わされたらどうなるの?」
「反応が良すぎてすぐに機体が吹っ飛ぶし、燃料周りのセッティングもやってないから、ズムウォルトと同じように吹かしたら、すぐガス欠になる」


 アザミは頭を抱えた。
 今まで自分が悩んできたことが、全てこのデータが原因だったと判明したからだ。


「どうする? ここじゃ元のデータに戻したりはできないぞ」


 アザミは考える。


「今はいいや。 明日、校長先生や教官たちと話してみるから、そのデータのスクリーンショットだけちょうだい」


 アザミの答えに、ハルザは何か言いたげな表情をする。


「ここで直したりできないんじゃ、考えても無駄だし。 とりあえず、今日はここまでにしようよ」
「だな」


 ハルザは納得したのか、ケーブルを外し、スマートフォンをスラックスのポケットにしまった。


「なあ、アザミ。 このあとは何かやってるのか?」
「寮のラウンジでのんびりしてるかな? 歩兵訓練受けてるわけじゃないから、その辺の勉強はしないで済むし、シミュレーターがこれじゃあねぇ……」


 アザミはクラスメイトとは予定が異なるため、一人で居る時間のほうが多かった。


「なら、昨日みたいな話をまた聞かせてくれよ」
「いいけど、今度は愚痴になったりするかもよ?」
「お前の好きなものの知識はインストールしてきてある。
 問題無いさ」


 エクサは、データをインストールするだけで、ある程度の事を覚えられる。
 こうすることで、完成直後から成人として活動できるようにしているのだ。


「じゃあラウンジに行こうか」


 アザミがシミュレーターのそばに置いていたスクールバッグを抱えた直後、不思議な音を耳にした。


「ハルザ?」
「実は昼食べてなくてよ。 腹が減っちまった」


 ハルザは自分の腹をぽんぽんと叩きながら笑った。
 アザミはハルザのその仕草が面白くて、つい笑ってしまう。


「ラウンジに着いたら、わたしが料理を作ってあげるよ」






 学生寮は初等部、中等部、高等部のために、マンション型のものが3棟建てられていて、ラウンジは全ての寮と通路で繋がる3階建ての建物となっていた。
 ラウンジは、全ての学部と共有で使える作りになっており、寮へ入るには、必ずラウンジを経由しなければならない。


 当初は全てを一つにした円柱形マンションにされる予定だったが、『エレベーターが中央に大型1基のみで、階段はエレベーターシャフトを包む螺旋階段のみ』という不便極まりない設計だったために却下された。
 太極を取り込むようなデザインではないし、この世に根源などはない。




「とりあえずバッグは部屋に置いてきたし、ボクは簡単な料理でも作るよ。 ハルザは適当に座ってな」
「悪いな。 お前に作らせちまって」
「いいのいいの。 作れるのなんて、おつまみ程度なんだから」


 この寮には食堂もあるが、ラウンジの厨房を使って生徒が料理をすることもできる。
 厨房にはサポート用のロボットが居て、万が一の事があっても、素早く対処してくれるのだ。


 食材はコストカットと食中毒対策のために合成品が多いものの、味はそこそこで、肉は見た目も本物そっくりになっている。


「魚肉ハンバーグか魚肉のハムか……」


 軽トラックほどの大きさがある冷蔵庫の前で、食材を見ながらアザミは唸る。
 手間を省いて簡単な食材で済ませてしまうか、少し凝った料理にするかで迷っていた。


 結局、アザミは魚肉ハンバーグを選び、ハンバーグを焼きながら、席に座るハルザの様子を見る。
 ハルザはラウンジ中央にある大型モニターを見ながら、じっとしていた。
 モニターには、バラエティ番組が映し出されている。


「あれ? アザミ、居たの?」


 厨房にやってきたエリサが、アザミの存在に気づいて驚いていた。
 足元の紙袋を見るに、どこかへ買い物に行っていたのだろう。


「うん。 なんか人が沢山来ちゃって、恥ずかしくなったから早めに切り上げた」


 シミュレーターのデータが細工されてた、とは言わなかった。
 根も葉もない噂が流れてほしくないと思ったからだ。


「今はハルザのために軽く料理をね」
「なーるほど、ハルザの胃袋をGETする気ね! アザミも隅に置けないわー」


 ハンバーグを盛り付けていたアザミの背中を、エリサは思いきり叩く。


「違うわ!」


 フライパンを洗浄機に入れたあと、アザミはヒリヒリと痛む背中をさする。


「てか、あたしにもちょうだい」


 アザミは、笑いながらエリサにハンバーグを盛った小皿を差し出した。


「班の分も焼いてある。 これはエリサさんの」
「イェーイ」


 エリサはお茶のペットボトルを冷蔵庫から取り出してスクールバッグに押し込み、小皿片手に厨房から出て行った。






「まず、カップリングは基本的に『A 』、『B』とアルファベット順で呼ぶことにするよ? 用語とかも知ってる前提にするし」
「わかった」


 アザミは、きつね色になるまで焼いた魚肉ハンバーグを盛った皿を、ハルザの前に置いた。
 その後、ハルザの隣に椅子を持ってきて座る。


「よくあることがね、『ジャンルはデカいけどそのCPは少ない』ってのと、『作品そのものはマイナーだが、ジャンルは王道』っていうやつなの」
「一つは人気作で、もう一つはケモノ系みたいな少し変わった作品とかか」
「そんな感じ」


 ハンバーグを口にしたハルザは、思わず「うまいな」と呟いていた。


「SNSばかり見てるとさ、フォロワーさんがあるジャンルにハマってからずっと『AB! ABマジ卍!』って騒ぐから、わたしもそれが主流なのかって思っちゃうわけよ」


 アザミはハルザの様子を見ながら話しを続ける。


「んで、何気なくABを調べたら実はマイナーで。 自分のタイムラインでは母数が一人だった時の印象操作、そしてその人のAB発言でわたしのイメージも固定されちゃったときの……にゃろう、なんてものにハメてくれやがったんだ。 って出来事がたまに」
「似たことがオレにもあるな。 気持ちはわかる」


 エリサにはわかってもらえなかったことを、ハルザは理解してくれた。
 アザミは上機嫌になって、嬉しそうな表情をする。


「あとね、わたしがハマってる作品は、ケモノが多いLGBT向けゲームなんだけど。
 豪華声優の採用とか、二次創作の広がりで認知度が上がってさ、『やっと時代が追い付いたか』みたいな気分になったのよ」
「共感できる解釈とか、地雷も増えるやつか」


 アザミは何度か頷く。


「二次創作の母数も多くなって、とてもいい二次創作に出会えると、自分は作品とか作らなくなっちゃって」
「要は餌を与えられる金魚になっちまったってか?」
「うん」


 すっかり二次創作をしなくなった自分の姿に幻滅し、アザミは肩を落とした。
 落ち込むアザミを見かねたハルザは、その肩を優しく抱いてやる。


 「ありがとう」と言ってからアザミが時計を見ると、時間はもう18時を過ぎていた。


「ハルザ。 夕食食べたらさ、わたしの部屋に泊まっていかない?」
「アザミの部屋に? 泊まる?」


 アザミの提案に、ハルザはきょとんとしていた。


 士官学校の生徒同士であれば、自室に人を泊めても問題は無い。
 どうしてこんな提案をしたんだろう。
 アザミは自分の行動に困惑するが、考えても答えは出ない。


「良いぜ。 寮に連絡だけしてくる」
「わかった。 わたしはお皿片してるよ」


 アザミは皿を重ねて持ち、椅子から立ち上がる。


「あと、美味かったぜ。 そのハンバーグ」
「ただ焼いただけだっての」
「でも、美味かった」


 ハルザはそう言ってスマートフォンを耳にあて、電話をかけた。






 寮の自室は8帖ほどの広さで、入口から見て右にベッド、中央にはテーブルにソファ、左側にクロゼットがある。
 テレビは37インチのものがベッドの足元に設置され、ベッドはソファーベッドが使われていた。
 そして部屋の奥にはトイレとシャワールームがある。


「シャワー空いたよ」
「おう。 いただくぜ」


 アザミは濡れた髪をタオルで拭きながら、シャワールームに入っていったハルザを見送る。


 夕食後、アザミはすぐ自室に戻り、後から自室に来たハルザを迎えた。


 余分な毛布などはないため、アザミとハルザは同じベッドで寝ることになる。
 髪を乾かしたアザミは、自分のベッドを丁寧に整え、予備の枕をハルザのために開封した。


「アザミー。 使ったバスタオルはどこに入れるんだ?」


 シャワーを終えたハルザが声を張り上げる。


 エクサの生体組織は、人のように垢や脂が作られたりするわけではないので、簡単に洗い流せるようになっていた。
 発汗は、摂取した水分を使って擬似的に再現している。


「洗面台の足元にカゴがあるから……」


 アザミは話しながら振り向いた。
 そして、ハルザの姿を見て、手にしていた枕を落とす。


「なんで全裸なんだよ!!」


 ハルザは濡れた頭部パーツをバスタオルで拭きながら、一糸まとわぬ姿でいた。


 棒は黒く、剥けてる先は薄いピンク。
 無意識にハルザのそれを見てしまい、アザミは顔を背ける。


「オレ、部屋だと基本裸だぞ?」
「いや……おかしいでしょ」
「なに恥ずかしがってるんだ?」


 アザミはハルザに背を向け、ベッドを整え続ける。


「最低限の羞恥心は持ちなさい。 部屋では裸のエクサなんて、なかなか居ないんだよ……」
「ふうん」


 ハルザはバスタオルをカゴに投げ入れ、裸のままベッドに入ってしまった。
 アザミも他人の習慣に文句を言うことは無いので、何も言わないことにする。


「あ、ハルザ。 わたしはテーブル側で寝るから、枕の位置だけ変えて」
「なんでさ?」
「いや、わたし寝相悪いからさ。 壁側に寝てハルザに迷惑かけたくないし」
「そんなの気にしねぇよ」


 そう言ってハルザは向き直り、毛布をまくった。


「早く来いよ。 寝相なんて気にしなくていい」
「……わかったよ」


 アザミは観念してベッドに入った。


 そして、ハルザを見ないように壁側へ向き、目をつぶる。
 裸のハルザを意識しないように、別の事を必死に考えた。


「おやすみ、アザミ。 先に目が覚めたら、部屋に帰ってるからな」
「わかった」


 ちらりとハルザを見ると、彼はアザミに背を向けていた。
 アザミが自分の姿を嫌がっていると感じたらしい。


「おやすみなさい、ハルザ」


 アザミはすまなそうに言ってから、ハルザの方へ向き直った。

「学生 トヨシマ・アザミの日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く