俺の耳かきスキルで世界救っちゃいます!

砂浜

1章3話 昼チュン

チュンチュン、チュンチュンと雀が鳴く声で目が覚めた。いわゆる、朝チュンだな。まぁ、昨日は遅くまで起きてたし、時刻的には昼だろうが……ん?
昼にしては光が薄いし、なんだか息苦しいような……。
俺は寝ぼけたまま、目の前を遮る球体を掴んだ。

「んんっ……んあっ…!」

完全に意識が覚醒した。そ、そういえば、昨日はあのまま寝たんだった。も、もしかして……いや、もしかしなくてもこれは……。

(これが念願の生おっぱい(服越し)か!!)

ま、まさか俺にも朝からラッキースケベなイベントが起こるなんて……。神様ありがとう。
……。……。
……。


(し、しかし、この後どうすれば……!?)

幸せな一時を満喫したものの、問題に気づいてしまった。そう、脱出方法だ。いくら一蓮托生と言えど、これがバレたらバトルもクソもなく死んでしまう。

(と、とりあえずそっと引き剥がすんだ……!)

手の位置をズラして、徐々に離れようプランを実行。なんとか順調に進み、右手、左手を外した。これであとは足を抜いて脱出するだけ……と思ったその時である。

「んっ……らーめ!かってにはなれちゃや!」

その声と共に、足で足をホールドされた。
……。

(なんだ今の駄々っ子モードリーニャちゃんかわえええ!!)

予想だにしない展開で、脱出にこそ失敗したが、これはこれで悪くないのではと思い始めた俺である。我ながら現金な奴だ。

(……ん、待てよ?勝手に離れては嫌……つまり、これは合意の元くっついているという事では?)

うむ、合意なら問題あるまい。俺は女の子の柔らかさを全身で感じながら再び眠……

「おはようございます、ミナギさん」

「あ、ああ……お、おは…ょ…ぅ……」

らせてはくれなかった。
あ、あかん……。にこやかな笑顔過ぎて怖い。というか後ろに鬼神見えるんだけど。

「何か言うことがあるんじゃないですか?」

「えーっと……ごちそうさま?」

あ、セリフ間違ったな、と思う間もなく、俺の意識は闇に吸い込まれた。




<一方その頃、隣の家では>

「はぁ……アタシとした事が寝すぎたなぁ」
折角の休日を昼まで寝てしまうと、なんだか1日を無駄にしている気分になる。とりあえずLINE開こ。はいはい、返信返信、そしてLINEニュース……!?

「って、何これええええ!?」
え、マジで何これ意味わかんないんですけど!?日本はいつからこんなイカれた国になっちゃったのよ……。

「でもこれ……海凪が好きそうなやつだ」

詳しくは読んでないけど、まぁアイツならすぐに答えてくれるだろう。そう思い立ったアタシは、ツインテールを結わえ、程々にオシャレして、出掛ける事にした。

「よっと」

アイツの部屋の窓に無事着地。幼馴染の特権、隣の家の特権の行使に成功。カーテンが閉まってる。まだ寝てるみたいだね、叩き起こして上げないと。

「ふふっ」

気づかない内に笑みを浮かべながら、アタシは窓を開けた。そしてーー。

「俺の耳かきスキルで世界救っちゃいます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く