話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

彼女が俺を好きすぎてヤバい

北西時雨

うまく言えないが、とにかくヤバい。(1)

 彼女はヤバイ。何がどうヤバイかと説明できないくらいにヤバイ。
 だが、それでは一ミリも伝わらないのはわかっているので、順不同になってもとにかく書き記していこうと思う。


 とりあえず、俺の話。
 名前、月城 翼つきしろ つばさ。この春休みが終えたら高等部の一年になる。今は寮生活で、ルームメイトは先程生徒会に呼び出されて外出中。つまり、部屋には俺一人。
 で、ここで学校の話をしておかなければいけない。俺の通う学校、硝鍵しょうけん学院は、表向きは音楽系の学校を装っているが、所謂“魔術”を学ぶ学校なのだ。魔術の説明は追々するけど、ともかく俺達学生やその卒業生は、科学的な仕掛け以外で火を出したり風をふかせたりできると思っておいて欲しい。


 前置き終了。彼女の話だ。
 名前、瀬野せの はるか。俺と同じ学校に通う同学年。彼女は、この「彼女」というのは、三人称単数のSheではなく、loverという意味で、つまり俺たちは付き合ってる。公然の事実で後ろ暗いところは何もない。
 しかし、それも時間の問題になってきた。


 彼女が、俺の部屋の外、窓に貼り付いている。

「彼女が俺を好きすぎてヤバい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • seabolt

    窓に貼り付くやもり?

    1
コメントを書く