話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

終末屍物語

マシュまろ

第14話「ホームセンター探索(春人ルート)」

・ホームセンターの入り口でひさぎと別れた春人はホームセンターの二階にあるスポーツ用品のコーナーにいた。沢山のバットやスポーツ用品、ジョギング用のスーツなど様々なものが販売してあった。春人はまっすぐバットが置いてあるコーナーに行くと銀色の鉄バットを手に取った。手に持って数回振った後、背中に背負い、一階に戻ろうとしていた。

「…新しいバットがあって良かった。なかったら素手で戦わなきゃいけないからなぁ…でも、このホームセンター中も外も酷い有様だな。」

そう言って周りを見ている春人の足元には、死体が転がっていた。春人が一階に戻ろうとしていた時にまだ動いているゾンビがいたために春人が頭を潰していたからだ。新しく手に入れた鉄バットは早くも血でドロドロになっていた。

「…ひさぎの方は大丈夫かな?俺の方でこんなにいたんだからひさぎの方にもいるだろうし…早く戻ってやるか。」

だが、春人の考えは次の瞬間に破綻することになる。春人が一階への階段を下りようとした次の瞬間、凄まじい轟音と共に真ん中の天井が落ちてきたのだ。

「はぁ!?」

何の前触れもなく、天井が落ちてきたので唖然としていたが、落ちてきた瓦礫の中にいるものを見てすぐにバットを構えた。

「…なんだ、アレ?」

落ちてきたのはピンク色の肉塊だった。だが春人の目の前で肉塊はもぞもぞと形を変えていった。落ちてきてから約1分で肉塊は細く長い腕を6本生やし、醜く歪んだ顔を生やした醜い肉塊の怪物になっていた。怪物はしばらく周りを見渡して春人を見つけると凄まじい速さで腕を振るってきた。春人は迫り来る腕の攻撃をかわすと手に持っているバットをかわした怪物の腕に叩きつけた。バットでの攻撃がよほど効いたのか、怪物は耳をつんざくような悲鳴とも叫び声とも言えない声をあげて暴れ始めた。

(打撃は効いてるな…痛がってるみたいだけど、実際どれくらい効いてるんだ?というかあんな肉塊を見たことないし…)

考えをめぐらせている間に怪物は痛みに顔を歪ませて再び春人をの方を向いていた。

(…考えてる暇はなさそうだ)

春人は再びバットを構えた。















「終末屍物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く