話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

終末屍物語

マシュまろ

第4話「やるしかないよな」#3

・春人とひさぎの戦闘があってから5時間後、ヤクは商業施設の南側に来ていた。目的は1つ。5時間前の戦闘の後から今までずっとぶっ倒れていた友人を起こすために来たのだ。ヤクが目的の場所につくと、そこでは、自分の友人が胸を貫かれて倒れていた。普通なら恐怖するだろうが、彼は何の迷いもなく一言。

「おいバカ春人。起きろ。あれからもうだいぶ経つぞ。」

 すると、その言葉に反応する様に少年の身体がピクリと動き、そして、胸の穴がみるみるうちに塞がる。そして目が開き、ヤクの顔を見て口を動かした。

「おう、おはよう。あーイテテテ…久しぶりに胸を貫かれたな。やっぱり、ゾンビつっても痛いものは痛いな。」
「当たり前だ。バカチン。全く無茶しやがって。」
「あははははは…ごめん、ごめん。」

 謝る春人。呆れながらも心配するヤク。事の発端は5時間前の春人とひさぎの戦闘だった。

・「あぁあぁぁあああぁ!」

 怒号にも近い叫び声をあげてひさぎは再び春人に斬りかかっていた。

(最後の悪あがきか。でも、これって…)

 春人はさっきまでと同じようにひさぎの攻撃をかわしながら、彼女の攻撃に違和感を感じていた。というのも、彼女の動きがさっきからだいぶ変わったのだ。

(さっきまでは俺の知っているひさぎのいつもの動きだった。でも、今のアイツの動きは…捨て身を通りこして、がむしゃらになってるな…)

 そう。春人の思っている通り今のひさぎの動きは、全て力任せの大振りな動きばかりになっていた。春人はこんなひさぎを見て、瞬時に行動を起こした。まずひさぎが振るった刀を右手に握ったバットで器用にいなし、余った左手で彼女のみぞうちにボディーブローをくらわして動きを封じた。コヒュ、という音が彼女の小さな口から聞こえたと同時に、ひさぎは自分の背中側にくの字で吹っ飛んだ。カハッ、コホッと肺に息を取り込もうするひさぎを見据えながら、春人は口を開いた。

「弱いな、お前。」
「……」
「そういえば、お前みたいのがもう1人いたな…」
「?」
「確か…春人とか言ったっけか…。」
「!」
(よし!かかった!)

 自分の発言にひさぎが驚くのを見て、春人は自分の作戦の成功を確信した。

「アイツは強かったなぁ…」
「今、春人は何処にいるの!?」
「んー?死んだよ。俺が殺した。」
「…え?」
「いや、だから俺が殺したんだって。アイツも誰かに会いに行くとか言ってたなぁ…まぁ、殺したけどさ。」
(まさか、自分で自分の死亡を報告しなけりゃなぁ…でも、これで。)

 効果は抜群だった。これを聞いたひさぎは、力なくヨロヨロと立ち上がり、春人を鋭く睨みながら、刀を構えていた。
「殺す…殺してやる…」
「やってみなよ…お嬢さん。」

 そしてひさぎは凄まじい殺意をもって春人に斬りかかって行った。

・「で、後はお前らが見ていた通りだ。」

と言いながら、春人は自分の後ろ側にある天井の監視カメラを指差しながらヤクに事の一部始終を説明していた。

「なるほどなぁ…でも、お前も無茶するよな。考えてもみなかったぜ。まさか、自分の死亡をネタにして彼女さんを挑発して斬りかかってくるようにするなんて。」

 そう。春人の胸の傷の理由はまさにそれだった。彼は自分の死亡をネタに彼女を挑発して自分の胸を貫かせたのだった。これが、春人の考えたアイデアだった。

「でも、何で彼女さんはその後に苦しそうにその場を去ったんだ?」
「あぁ、これを使ったんだ。」

 そう言いながら、春人はジーパンのポケットから先に注射器の針がついたメリケンサックを取り出した。

「何だ、コレ?」
「あの人の使っていた護身用の武器だよ。これで殴りつけると、この針から特殊な薬が注入されるんだ。」

 そう、ひさぎが自分の胸を刀で刺すと同時に、春人はこれをひさぎのみぞうちに突き刺していた。

「なぁ、それって大丈夫なのか?」
「うん。薬は弱めの痺れ薬だからな。1時間くらいで効果がなくなるんだ。」
「ならいいけどよ…。まぁ、戻ろうぜ。」
「ああ、わかった。」

 こうして、商業施設に侵入したひさぎと、それを追い出そうとした春人の戦闘は終わったのだった。

・「灰崎春人、ただいま戻りました。」
「おお、お疲れさん。よく寝てたな!」
 「お疲れ様ー!春人、胸大丈夫?」

 ヤクに連れられて春人はタウンの廃墟内のモニタールームに来ていた。中には今さっきまで様子を見ていたであろうヤクザとパピーがいた。

「いやぁ…まさかお前が胸を貫かれるとはな…」
「まったくだ。見ていたこっちはゾッとしたぞ。」
「いやぁ…ごめん、ごめん。でも、追い出しただろう。しっかり仕事はしたぞ?」
「でも、春人は痛かったでしょう?みんなで心配したよ?ほんとに大丈夫?」
「ああ、大丈夫だぜ。」
「でも、少しは身体を気遣え。ゾンビとはいっても、普通に死ぬし、疲れるんだから。」
「そうだぞ。お前はこの廃墟に住んでいるゾンビ達皆の盾でもあり、料理人でもあり、仲間なんだから。」
「何だろう。俺のこのドラ○もん感。」

 そして、皆がその後にドッと笑いこの騒動は終わった。だが、彼らは知らなかった。タウンの外側でまたさらに厄介な事が起ころうとしていることに。

・春人が騒動の後、皆と話をしている間にタウンの外側では奇妙な2人組が歩いていた。というのもその2人組は雨も降っていないのに全身黄色のレインコートを着て、ガスマスクを着けていた。そしてそのうちの1人はアサルトライフルをもっており、もう1人はトランシーバーの様な何かの測定器を持って、何かを測っていた。

「北緯52、西緯43…ここですね…。後8時間後です。」
「そうか…『救いの光』まであと8時間か…フフ、楽しみだ。」

 そう言って、ガスマスクの2人組はその場を後にした。そしてその8時間後にこの場所で大量の死体の山が出来るのを彼らも、春人達もまだ知らなかった。いや、知るよしもなかった。




「終末屍物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く