話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

泣きっつら

嘘をついたことはありますか?

もしも、この世に嘘をついたことの無い人が存在するのであれば私は貴方に逢いたい

怒られたくないからつく嘘。
褒められたくてつく嘘。

嫌われたくなくてつく嘘。
好かれたくてつく嘘。

真実を知られたくない嘘。
真実に気づいて欲しい嘘。

傷つける嘘。
傷つけたくなくてつく嘘。

ありもしない虚像を口にすること
すなわち嘘。



なんで嘘をつくの?



ついていい嘘って何?

そんなものあるの?

あなたの嘘に人は動き、時には力を貸し。

あなたの嘘に事は動き、時には他を欺き。

あなたの嘘に信じる者は手を差し伸べ。
あなたの嘘に信じる者は同じ嘘つきに。

いつか気付くあなたの嘘に周りは離れ。

いつか気付くあなたの嘘の愚かさに。

いつか気付くあなたの弱さに。

いつか気付く周りの温かさに。

あなたは強くない。

あなたは悲劇のヒロインでもない。

あなたの周りに信じる者がいなくなったのは、あなたがついたほんの些細な嘘。

自分を良く魅せようとついた些細な嘘。

なんでそんな事言ってしまったんだろうね。

それは。。



あなたは強くないから。

本当は誰よりも周りの支えがないとおぼつかないから。

本当は誰よりも周りの支えがないと怖くて立ち上がれないから。

認めてあげて。

あなたの心の弱さを。

あなたの弱さを認めてあげられたら

きっと

強くなれるから。

1日でも

1時間でも

1秒でも


はやく...






はやく...












「嘘」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く