学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)

怪盗80

第41話:凍る弾丸。

「あら〜、これはどうしようかなー?」

「おら、さっさとアリスに五感を返せば楽に落としてやるぞ?」

数10m前に壁に腰掛けている浅丘が笑って待っていた。
やれやれと首を振るカイトは勝ち誇った顔で俺を見ていた浅丘に対して怒りを露わにしていた。
何の関係もない人達を巻き込んでまでするのが一番ダメなんだ。

「あーあ、面白くないなぁ…本当っ!面白くない…」

先程まで数10m前にいた浅丘が瞬時に目の前に姿を現した。
そして、俺の体に手で触れるとそこからは何も見えない。真っ暗だ。
無理矢理にでも鎖を操るが操れているのかも分からない。
そこから移動しても何も分からない。

「カイトには"視覚"  あっ!聴覚だけは残しておくよ、だって聴覚だけあっても要らないもんね、そうすれば僕と戦えない。戦っても勝てないんだから…」

ただ、あのクソガキの勝ち誇った勝利宣言が聞こえて来る。何か暗闇から金属の擦れる音がする。
多分、その音は何か鋭利なナイフなどなのだろう。
どこに敵がいるのかも分からない。
右往左往したって何もできない。
何か触れているのか触っているのかも分からない。

「ほらほら!さっきまでの威勢はどこいったのさ!」

僅かにだが、頬から何かが流れる感覚がある。
そして、次に身体が地面に落ちる感覚があった。
今度は右腕に鈍い痛み。
右腕が折られたのだろうか右腕が動かない。
あの浅丘は何も見えない感じない俺を痛ぶっているのだろう。早めに終わらせるのであればすぐに心臓を刺せば良いはずなのだから。

「あーあ、もう終わりなのー?それじゃ、カイト♪最後に言う事はあるかい?」

「てめぇは…絶対に…共倒れでも…倒す…」

何も見えない状況でも歯を食い縛ってでも立ち上がろうとする。
口から血が垂れているのだろうか口の中に鉄の味がした。

「ふーん…ばいばい、カイト♪」

浅丘はナイフを突き立てようとした時、奥の暗闇から発砲音だけが聞こえた。
その発砲音は二発、三発と的確に何かを打ち抜いていた。

「やぁやぁ、カイト君♪君のピンチに駆けつけてきた正義のヒーローの参上さ!」

ぼんやりと見えてきた視界には爽やかに笑う冷斗が古代武装を持って浅丘を撃ち抜いていた。
撃たれた衝撃で気が緩み異能が解除されたのだろう。

「て、テメェ!僕らのカイトを返せ!それは僕らのカイトなんだぞ!」

「んー…いくら寛大な僕でもそれは無理かなー?それに、カイト君は君達の物でもない、カイト君はカイト自身だ、物なんかじゃない」

「は?何言って…」

突然、浅丘の右肩、撃たれた所から氷が凍てつく。
その氷はだんだんと上半身に向けてピキピキと浸食していった。

「ふぐっ…はぁ…はぁ…!な、なんで…なんで凍って…」

「君は…僕の大切な友人を傷つけたんだ…その罪…命で払ってもらうよ」

銃口を突きつけて、冷酷な目で浅丘を見据える冷斗がそこにいた。

「学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く