学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)

怪盗80

第37話:企業に無理矢理な慰謝料請求。

辺りから刃物を振り回す奴らが暴動を起こしている間、

「カイト!こんなのがばら撒かれてて皆んなが!」

「は?とりあえず今はこの状況をなんとかしろ!」

慌てて走ってきたユリに指示をする。
暴れ始めた人達を抑えつけながらも制圧しようにも力が強すぎて一人で抑え込むのが精一杯だった。

「クソがっ…テメェは、これを外せっ!」

指輪がスポッと外れるとそこにいた人は先ほどまでとは違って落ち着いたように寝ていた。
そのまま指輪を壊そうとするがもうすでに粉々になっていた。

「ユリ!この状況ならお前が一番頼れるんだ!ここは頼んだぞ!」

「分かった!カイトはアリスちゃんを頼むよ!」

「おし、アリス、少し飛ぶぞ!」

「えっ、ちょっとー!!!」

その場で地面を蹴り上げる。
一蹴りで地面から数メートルほど飛び上がり家の屋根に上がった。
そこから見える景色は先程までの賑やかさではなく狂気そのものだった。

「うわぁ…酷いな…」

「ね、ねぇ、このままだとヤバいんじゃ…」

「あぁ、すげぇヤバい」

鎖を使って空中を飛んでいる間、下を向くと多くの人達が争っていた。

「てか、あいつに連絡すら取れないし…これマジでヤバいだろ!」

「こ、こっちに来てみろ!痛くなるぞ!いいのか?いいのか?」

下の方を見ると鈴木がモップを持って威嚇をしていた。
その近くではジェームズと眼帯が鈴木を餌にして近づいてくる奴らを一人づつ地に伏せていた。

「おーい、ジェームズ!大丈夫か?」

「おや?これはカイト様、この状況…何かあったのですか?」

「そうなんだけども…とりあえず、こっちに来い!」

腰を抜かしている鈴木を鎖で縛って屋根の上に登らせる。
ジェームズは自身の身体能力だけで屋根まで壁を蹴って上がってきた。
本当、ジェームズは色々とすごい。

「なんで助けてくれなかったんですか!このブラック上司!!鬼!悪魔!」

「ほっほっほっ、元気ですなぁ」

「な、なぁ、登ってきてるって!!ジェームズさん!?カイトさん!?」

「ジェームズ…ここ頼める?」

「ほぅ…ご了承しました。国家直属護衛近衛部隊、ジェームズ=ガスト…推して行きましょうか…」

「ちょっ!カイトさん!」

ジェームズが着ていたジャケットを脱いで投げ捨てると優しげな笑顔の下にすらりとした筋肉質の体、そして腕にはいくつもの傷痕が残っていた。

「あぁぁぁぁ!!!もう!やってやる!これで怪我したらブラック企業から慰謝料ぶんだくってやるからな!」

色んな意味で鈴木の渇いた叫びが街に響いた。

「学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く