学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)

怪盗80

第5話②: 寮の人達は色々な人がいて楽しそうと言う前にパシリだけは断りたい。

試合開始10分後、
ステージの上では予想のつかない戦いが続いていた。

「な、なんだこりゃ!?アカリが、一人二人、三人...いやもっと居るんだが!?」

そこでは大量のアカリがカイトに向かって攻撃を仕掛けているのに対してカイトはその攻撃を受け流していた。

「ふっ.ふっふっ、ここまで耐えるとはやるねぇ、私の異能は大体分かったんじゃないのー?」

アカリは上機嫌のまま攻撃を続ける。

「...分身ですかね?それも質量のある分身が一斉に来るとは卑怯では?」

「そうだぞー、卑怯だー、手加減しろー。」(棒)

「おい!卑怯じゃねぇ!本気で行かないと相手に失礼だろ!」

アカリはアラタのブーイングを軽くいなしていた、その逆にカイトは苦味を感じながらアカリの攻撃を全て受け切れず少しずつダメージを受けていた。

「そうだ!私の異能は分身!全部私を複製しているから攻撃も防御も私とほぼ同じ!
単に私が7人に増えたもんさ!だけど、カイトもきついだろ?身体能力向上系の異能は常時発動させて無いと突然の場合に動けないもんな。」

カイトは攻撃を受け流しながら、徐々にステージの端へと押されていった。

「あっ、ヤバッ!」

少し態勢を崩した隙を見逃さずに、

「おっしゃあ!貰った!!」

アカリ本人が分身を消し、カイトに向かって飛び蹴りを食らわす間に、

「...ごめんなさい、俺だってパシリは嫌なので少し本気を出します。」(バキッ!!!)

カイトは異能で強化した、拳を地面に向かって打ち付け地面を崩しアカリの飛び蹴りを地面を割り飛び蹴りの軌道から自分を外し、回避した。

「おっと、これじゃあ、お前の態勢が崩れただけでまた同じ場面に...」

「そうか?態勢が崩れればそれで十分!」

カイトはアカリの蹴りを入れ込もうとした足を掴みこちら側へ引っ張りアカリが下になる様に身体掴むと先にアカリの小さな体をステージ下のクッションの上に叩き落とした。




「しょ...勝者!カイト!」

アラタの審判の判定の後に起こった拍手、

「いたた...お前やるなぁ、こんな風に勝ってくるなんて分からなかった!」

「いやー、凄かった!でも少しどいてくれない?この状態はちょっと…」

顔を赤らめるアカリからすぐさま離れるとステージ外から声が聞こえた。

「えっと、おめでとうございます♪」

「す、凄いね...」

頭を掻きながら笑みを浮かべるアカリ、か細い声で褒めるアスカ、ほんわかな笑顔で喜んでいる小町、体術を教えてくれというアラタ。

「そういえば、カイトってランクはなんなんだ?ここはDランク寮だけど、アカリみたいなBランク以上もいるし、もしかして、Bランクか?このやろう!特待生ならいっておけよ!」

アラタは笑いながら、カイトの学園ランクを聞いたのだが、カイトの答えは。 

「え?ランクDだけど...」

「...」 

「...」

「...えっ、ほんとに?」

「わー、凄い♪ランクDの人がランクBのアカリさんに勝つなんて♪」

小町とアスカ以外の一瞬の沈黙の後には絶叫が響いた。

「「はぁぁぁ!?ランクD!?」」

寮全体に響くだろう絶叫の後に、質問責めにあった。そして風呂上がりにアカリから缶ジュース一本を奢られ去り際に、

「これがさっきの勝負の褒美だからな。
次は絶対に勝つから首を洗って待っていろよ!」

なんだか、ライバル的な人を作ってしまったみたいだ。

「学園内の最低ランクの学生がこの世の悪を成敗するそうです。(仮)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く