ミッション;神の打倒

桜餅師匠

番外編、解説8まで

はい!森崎瀬戸です。よろしくおねがいします!


えーと、実は作者はこの前8話まで読み返していると、自分で書いてるクセに意味不明な事が多かったらしいので、カラクリなどを1つ1つ解説していこうと。そういう意味での番外編です。解説じゃない可能性もあるんですがね。
 作者として説明しても良いんですが、ここはやっぱり色んなキャラにやらせると色々楽しい事になるんじゃないかという軽い遊び心が入っております番外編。大事ですよ!遊び心!




 まずは「1、目覚めるまで」
えぇと、意識失ったやつは言わない方が良いですよね。これ喋ったらネタバレですもの。

種族:人間    職業:創世者
STR (攻撃力)39000+-3000
AGI  (素早さ)90000+-3000
DEX(命中力)40000+-3000
LUK (運)  59000+-3000
VIT  (活力) 63000+−3000
INT  (知力) 50000+-3000
DEF (防御力)29000+-3000

 じゃあ、ステータスの説明です!これ多いけど全部するの?
 俺の戦闘スタイルは、スピードはパワー、活力は持久力!って感じですね。
 じゃあ、STRの話をしましょう。攻撃力の意味は当然知っていますね?「STR」これはstrongストロングという英語の略称ですね。そしてこれを主に割り振りする職業はウォリアーっていう前線で戦う方が多いですね。


 そしてAGI、これは素早さや速さという意味ですね。暗殺者はこれを主に上げていて、割り振りが高ければ縦横無尽に駆け回る事が出来ますね。俺はこれを主に上げました。何故ならば、“スピードはパワーに繋がる”からです!
 これはネットで「アジ」や「味」と呼ばれていて、AGIとはagilityアギリティの略称ですね。


 ていうか、これ本当に全部説明するの?作者生気なくなって死ぬよ?え?じゃあ略称だけで良いから説明しろ?いちいち復唱するな?分かりましたー。


 DEXも戦闘系の職には結構重要ですね。ちなみに元はdexterityデクスタリティです。すいません!ミスが1つあって、DEXがDUXになっていました。


 LUKはきっと商人などの運がよく絡む職で使われます。どの職も運は少しは必要なのであって困る事はありません。元はluckラックです。


 VITとは活力のことなんですが、ピンとこない人も居ると思う。体力と魔力の内蔵量の事ですね。元はvitalityヴァイタリティ


 INT、知力ですね。これもピンとこない方、居ると思います。魔力の内臓量と魔法攻撃力ですね。元の形はIntelligenceインテリジェンスです。


 最後にDEF、これは忍耐力でもありますね。元はdefenseディフェンス


 本当に、創世者って職業、なんなんでしょうか。効果2倍っていうのはきっとバフ強化とか自身にかかるもの全ての事なんでしょうか?




 次に「2、救うまで」のお話。作者は最初の展開のスイッチがこのシリーズの中で1番意味不明らしいです。いや、俺も理不尽だと思うよ?だって急に目覚めたら辺り森林なんだよ何が目覚めるまでだよマジふざけんなって思うよ。
 そして最後にオーランことランと、森崎瀬戸ことカミナとの熱い友情の誕生。この展開は作者的に結構好みらしいです。あなたはどう?




 また次、「3、泊まるまで」ゲームマスター「七星遊星」のメールには伏線だらけですね。今後の物語の展開が読めるかもしれない!


 女将さんの寛大さというか、優しさ、暖かさは今の時代でもなかなか味わえないものだよ。旅行などで、旅館に泊まってもたまに女将さん冷たい反応の時ってあるよね?ね?...俺もそう思うよー。




 そしてそして、「4、朝まで?!」これはなんか題名が意味深なので「?!」を付けたらしいです。ねぇこれ、どこか面白い?


 ラルラルクって本当に言いにくい名前ですね。ラナってとてもいいあだ名だと思う!!そしてラナ、俺に精霊技を教えてくれてありがとう!
 災の精霊技の“才能”については自分でもビックリ。災の精霊技は自然現象と元素を操る事以外はなんでも出来るってここ重要なので、押さえておいて欲しい!




 次〜「5、依頼達成まで!」依頼を達成した時の達成感は、例えるなら職に就いて初めてもらった給料みたいな感じでしたね。ちょっと失敗したけど。


 じゃあ、水素爆発のカラクリをご紹介しましょう。中学生でも分かるんだけどね。これ。作者の語彙が生きている虎並みに少ないので、もう一度詳しく説明します。
 まず、水とは化合物、化学式でH2Oですね。湖の水は不純物が含まれているので“純水“ではありません。それ電気を使ってでH2とO2に分解します。ただし水素は空気よりも軽いので、ルルには事前に土で蓋をしてもらいました。水素の性質は水素自体が燃えるんです。なので火を投げると引火して大爆発が起きました。俺が湖をぶっ壊しました。
 この水素の特徴的な性質は過去のドイツ軍の兵器にも使われていて、水素爆弾という第一次世界大戦で使われた兵器です。




 「6、仲間まで...」ですが、ルルのデレは本当に可愛いかったですねぇ...これを読んで頂いている皆さんにも見てもらいたいものですねぇ...グヒヒ。おっと失礼。
 本当に前いた世界と言語が似ていて、食文化も全く同じだったりします。これはゲームマスターの配慮って受け取っても良いのかな?というか、あの人出しゃばり過ぎな。


 それでですね。このシリーズをご愛読されておられる方には分かると思うんですがね...やたらと質疑応答が多い。そして状況の説明が少な過ぎる。作者は一回セリフ書いちゃうとどんどんセリフ書きたくなる人なんですね。すいませんね。




 ではそろそろメインディッシュの登場ですね。「7、命がけまで」ロリコン暗殺者とのバトルは本当に命をかけました...


 何故俺が勝てたかと言うと、相手は“相手より間合いが狭いのに跳んだ”ことです。結構な重大ミスで、俺は剣を相手に向けるだけで勝てました。逆にあの男は空中で方向転換できないので俺の両手剣を鳩尾みぞおちに受け止める事しか出来なかったわけですね。トドメの証拠隠滅のための“リアル地獄落とし”。
 え?ネーミングセンスが皆無?うるせぇ、自覚してんだよぅ...




 最後にスイーーーツ!「8、ご主人様まで」ディルキィことルキは本当に砂糖菓子みたいな子ですね。繊細でとても綺麗です。


 ストーリーも7話のオチというか、締めみたいな感じで、まさしくスイーツと呼ばれそうな程に甘ったるい感じですね。


 白狼は本当に速いらしく、スピードち持久力は生物のなかで最強クラスらしいですね。さすがルキですね。




 さて、ここまで読んで頂きありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします!作者はゆるりと、まったりとですがストーリーを進行していきます。何卒なにとぞ応援の程をよろしくおねがいします!


 あと、番外編は解説じゃない可能性があるそうです。番外編には色んなキャラが主役として出てくるので、どうぞお楽しみに!


 そして最後!この作品をフォローしていただくとコメントや投稿の通知が来るようになり、もっともっと作者の作品が楽しんで頂けると思います。ツイッターもあるのでそちらも是非!

「ミッション;神の打倒」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く