お兄ちゃんは義妹が大好きなものなんです!

カミュイP

ひとりの少女(いもうと)

今日の夕飯はどうしようかな。そんなことを考えながらガラス張りのエレベーターに乗ると先客がいた。その少女はどこか遠くを見つめとても悲しそうな顔をしていた。

あれから半年後
俺、夕霧  時雨(ゆうぎり  しぐれ)の父親である夕霧 和(ゆうぎり かず)が再婚をしたらしい。母親は俺が小さいうちに死んでしまったから、
まぁちょうどいい頃合いだと思う。
俺は親もとを離れマンションに住んでいたためその事を父が嬉しそうに電話をかけてきて
「なぁなぁ、いいニュースがあるんだよ。
聞きたい?そうか聞きたいよな!」
「あーはいはい、で、なんなのそのニューs」
「俺、再婚することになったぜ」
「は?はぁぁぁぁぁ」
というやり取りをするまで全く知らなかった。
ちなみに父は普段からこのテンションだ。
そしてその再婚相手はどうやら家の逆で父親がいないらしい。
「どうも、こんばんは。今日から和さんの新しい妻になりました。
夕霧 早苗(ゆうぎり さなえ)でーす。よろしく!」
元気な人だなー。そしてなんかイチャついてる声がした。
「それにしても早苗さんは美人だなー。」
「和さんこそ、ハンサムよねー。」
なるほど、これがバカップルか。
 その後も何か言っていたが、いちいちイチャついていたので話を聞く気になれず適当に「はい」と返事をしていた。
これがほんの数日前の話。
そして、今日から高校二年生になる。
始業式は少し面倒だったがなんとか寝ずに済んだ。その後あった授業も終わったので疲れたし帰ることにする。
「時雨、あんたもゲーセンいくわよね?」
「お、おう」
まぁいいか。お金は父が毎月くれるから困っていない。手渡しで。
今日はメンバーは俺と古くからの知り合いである茶髪の柏木 遥花かしわぎ はるかと、高校で知り合ったピンク色の髪をした 桃世 咲奈ももせ さきな
と行くことになった。
しかし、この後どうなるかは目に見えていた。

「そこよ!時雨、とっちゃいなさい!」
「遥花、ちょっと静かにしてろ!」
「時雨君、私のもお願いしていいかな?」
「分かったから、ちょっと待っててくれないか?」
「ちょっと、私の時とずいぶん対応が違うじゃない!」
「うるせぇ、これ取んねぇぞ。」
「なによ、時雨のくせに!」
「二人とも落ち着いて、ここ店内だよ。」
「「・・・ごめん。」」
こんな感じでクレーンゲームの景品を取らされながら騒がしい日々を送っていた。
そして何個か景品を取ったところで今日は解散することにした。ちなみに俺と遥花はマンションの部屋が隣である。
「じゃあ、時雨また明日。」
「お、おう」
こいつたまに可愛らしい表情見せるんだよな。
鍵を開けようとするともう開いていた。
なんだ親父来てたのか。
風呂場の電気がついていた。
「親父ー、来るなら先に言っとけよ」そう言いながら風呂場のドアを開けると親父、ではなく青色の髪の少女がいた。
「・・・えっ?」
「きっ、キャー!」
それがまさか、あの日の少女との再開になるとは思わなかった。

「お兄ちゃんは義妹が大好きなものなんです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 双樹沙羅

    とても面白いです。

    0
  • コオリ(氷織)

    (*´ー`*)

    0
コメントを書く