異世界転生した貴族は自重を忘れたようです

夜叉神

第3話 冒険者登録と意外な関係

アレスは翌日冒険者ギルドに登録するために朝から準備をしていた。

「やっと冒険者登録だ」

「そうですね。ずっと楽しみにしていましたから」

そばに居るのはシスティだ。

アレスは創焉神の刀を腰に刺し創焉神シリーズの服に着替える。

「その服かっこいいですね。」

「ありがとう。じゃあ言ってくるね」

「はい。行ってらっしゃいませ」

アレスは歩いて屋敷の門をくぐると走って(全力で走ると街が壊れるのでかなり力を緩めて)街に向かった。

アレスが冒険者ギルドの前にくると、ひとつの豪華な馬車が止まった

「あれ?」

その馬車から降りてきた人を見てアレスは驚く。

「レイラ副団長?!」

「あ、アレス君。久しぶりね」

馬車から降りてきたのは王国騎士団の副団長レイラだった。

「もしかして、冒険者登録に来たの?」

「はい。やっと10歳になったので」

「そう。じゃあ丁度よかったわ。一緒に来て」

「はあ、わかりました」

アレスはよく分からずレイラについて行くことにした。

レイラはギルドに入ってそのまま受付に行く。

「すみません。ギルマスに会いに来たのだけれど」

「あ、レイラさん。お久しぶりです。ギルマスですね。確認してきます」

すると、受付嬢は上に上がって行ってしまった。

しばらくして降りてくる。

「確認してきました。案内しますね」

「よろしくね。」

レイラが上がっていくのについていくアレス。

「ここのギルドマスターは冒険者ギルドの総本山でね。総帥グラウンドマスターもやっているの。」

「そうなんですか。初めて知りました」

「ギルドに来たのは初めて?」

「そうですね。ソフィア領のギルドはありますけど王都のは初めてです」

「そう。」

少し歩くとひとつの部屋の前についた。

「ギルドマスター。レイラ副団長とそのお連れ様をお連れしました」

「どうぞー」

レイラさんはドアを開けてそのままはいる。アレスもそのあとに続いた。

「また来たのかい?レイラ」

「今日は違うわよ。兄さんに紹介したい人がいてね」

(兄さん?)

「それは隣の子かい?」

「まあ、そうなんだけど、子供扱いしちゃダメよ。貴族の当主なんだから」

「貴族の当主?!その年で?」

「あ、はい。アレス・フォン・ペンドラゴン子爵です。ついでに僕が当主です。それで、あの兄さんって言うのは」

「あ、そうね。この人は私の兄。レイン・フォン・マドレアドっていうの。マドレアド家の三男なのよ。それで私の兄なの」

「こんにちは。レイン・フォン・マドレアドです。僕は冒険者ギルドの総帥グラウンドマスターをしています。よろしくお願いしますね」

「はい。まだ、若いのに総帥グラウンドマスターをしているなんて凄いですね」

「あはは。ありがとうございます。レイラ。それよりもどうして今日は来たんだい?」

「実はアレス君は今年で10歳になったのよ。だから、冒険者登録しに来たの。私はアレス君が来る前に兄さんのところへ来て忠告しようと思ってたんだけど、」

「忠告?」

「うん。アレス君がいる前で失礼かもしれないけど。アレス君にはしっかりとした適正な検査をしてあげて。」

「どういうことだい?ギルドはいつもそうしてるはずだけど」

「1つ目はアレス君がアイリス王女と婚約をしていること。」

「王女様と婚約?!」

「2つ目はギルドにも得になるからよ」

「得?ギルドにとって?」

「そう。このアレス君は今騎士団で訓練をしてくれることがあるの」

「そうなのかい?ん?してくれる?」

「そうよ。アレス君は騎士団長のエドガルド団長より強い。それも圧倒的に」

「あの団長よりも?!あの、剣聖と呼ばれたエドガルドさんより?!」

(そんなふうに言われてたんだ)

「そうよ。それにアレス君が騎士団の訓練に参加することで騎士団の強さがだんだんと上がってきてるし、団長もこの前剣術のスキルが上がったって言ってたのよ。私も剣聖の称号貰っちゃったし……」

「えぇ。レイラもなのか。しかし、それは本当なのか?」

「本当よ。だから、ちゃんと適正を見てランクを決めてほしいの」

「あのぉ。ランクって普通一番下からじゃないんですか?」

「確かにその時もあるけど、加入試験をして、どのランクに相応しいか調べてそのランクに上がった状態で登録するんだ。」

「そうなんですか。」

「それじゃあ、試験の相手は普通ギルド職員がやるんだけど、今回は僕がやろう。ギルド職員がやっても実力を測れないみたいだからね」

「そうしてあげて。」

「それじゃあアレス君。訓練場に行こうか」

「はい」


「異世界転生した貴族は自重を忘れたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー251275

    ありふれたの次は転生貴族の異世界冒険録のパクリか…。この作者はなんでパクリばっかしか書かないんだ?

    0
  • ノベルバユーザー252865

    転生貴族の異○界冒険録のパクリだね~

    4
  • ノベルバユーザー85202

    ハンドルネームすらも夜の文字を入れる筋金入りのパクリ

    1
  • ペンギン

    おー!どのランクになるのか楽しみです!

    1
  • ノベルバユーザー179677

    ギルマス似合いに来たとはいったい?

    2
コメントを書く