異世界転生した貴族は自重を忘れたようです

夜叉神

第4章 学園・領地・冒険編 第1話 5年後

あれから5年がたった。

アレスは今年で10歳になってギルド登録ができ、学園にも入ることになる。

アレスの身長は140センチほどまで伸びていた。

そして、この5年間であったことを紹介しよう。

まずは騎士団に売っていた素材が全て売り終わった。
さすがにガイアグルドラゴンは無理だったが、それ以外のほとんどの素材は売り終わったのだ。

合計金額は黒金貨100枚分。

その中から黒金貨3枚分がガイアグルドラゴンとの戦いの影響の修理費などに賄われることになった。それでも十分多いが。


次はイルについてだ。
この5年間は主にイルの成長に力を入れていたのでスキルも多く覚えた。
さらに、成長につれて大きくなって今では3m近くある。
さすがにこれでは頭に乗せられないし、街の中を歩くことも出来ないので新しくスキルを2つ創った。
1つは継承。これは自分がスキルを与えたい時にその対象に触れスキルを発動すると与えたいスキルが対象に継承されるというものだ。
そして、2つ目がサイズ調整である。
自分の好きなサイズに体の大きさを変えることが出来るスキルだ。
これを継承でイルに与えそれを使って今は最初にあった時と同じぐらいのサイズで頭に乗っている。

次はアヤメの事だ。
あれからエーデルワイスが精霊樹の欠片を持ってきてくれた。
欠片は見た目は普通の木と同じだが、それから発せられる霊力が凄かった。
さすがにその霊力をそのままにしておくわけには行かなかったので、アレスが霊力の放出を抑えられるように加工し、それをペンダントにしてアヤメにあげた。
そして、アヤメを使用人に紹介すると、陛下が準備した使用人たちはキモが座っていたようで、すぐに打ち解けていた。
アヤメも自分を見てもらえて話せることに嬉しかったようだ。あとでアルベルトに聞いたら、

「陛下はアレス様が必ず何かをするからそれに耐えられる使用人を集めたのです」

と言われた。
少し陛下にムッとした。
その後もアヤメは屋敷の仲間として一緒に暮らしている。

次はエーデルワイスの事だ。
アヤメとは違い、自分で姿を見せたり見せなかったりするエーデルワイスはこれからご飯も食べたいとのことで、アヤメ同様使用人に紹介し仲良く暮らしている。

次は魔の森の奥の山に置いた基地のことだろう。
やっと一年前に山の開発が終わった。
現在はウルト〇マンシリーズに出てくる基地みたいになっている。
そこでは天使を配置して、研究所にしている。
そこで研究しているのは5年前に作ることを考えたものについてだ。
それは簡単に言ってしまえば宇〇戦艦ヤ〇トである。
この世界で空飛ぶ戦艦を作ろうと思ったのだ。
そもそもそんなものを作ってしまっていいのだろうか。
ゼノン様に聞いたら普通にいいよと言われた。
この世界の技術は地球ほど発展するのが遅いためアレスの力で少し進めてほしいと言われたのだ。
これを受けてアレスはホクホクとした顔で帰ってきてさっそく基地の開発を開始した。
しかし、そんなものはアレスが創造の力を使えばすぐに出来てしまう。
なのでアレスはこの世界のもので作ることができるかを研究対象として現在作っているのだ。もちろんアレスの知識は使ってやらないと出来ないが。

そして、最後にステータスについて新たにわかったことがあった。
それは今まで使っていなかった異能についてだ。
異能は心庫の武器庫ウェポンオブハートしか使っていなかったが、神々の導きガイダンスゴッド魂喰ソウルイーターについてだ。
まずは神々の導きガイダンスゴッドについてだが、これはよく異世界系のラノベにある異世界に来た時に着いてきた案内的なやつだった。
しかも、自我があった。それまで出てこなかったのはまだ体に適応していなく、準備期間だったからだそうだ。
そして、アレスはその異能にアルムと名前を付けた。
この異能は神々の導きとあるがその本領は思考加速や超高速演算などだ。
しかも、自我があるためスキルや他の異能にも干渉が可能で、自分の配下や奴隷にも干渉が可能というものだった。
アレスはこれを天使と悪魔に使った。
その力を使ってリミエル達天使には艇を開発してもらっている。

次に魂喰ソウルイーターだ。
これはその名の通り倒した魔物などの魂を喰らい自分の力にするというものだ。
しかし、それは力の1部で大きな枠組みとしては捕食というものだった。
その気になればその物自体を喰らうことが出来、それを魂喰ソウルイーターの胃袋にしまうことが出来る。喰らう時は口からではなく、右手から何やら変な触手のようなもやのかかったものが出て対象を包みアレスの体に入っていくというものだ。
もちろん出すことも可能で左手から出すことが出来る。しかも、相手の許可があれば生きたまましまうことも出来る。
アルムと一緒に使えば喰らった物の解析などができた。

これが異能の状態だったのだ。

そして、今アレスは王城に来ていた。




「異世界転生した貴族は自重を忘れたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Prachtig

    5年は飛びすぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい(  '-' )=ーー>)`-'

    0
  • ノベルバユーザー294662

    転スラのグラトニーと大賢者

    0
  • ショウ

    魔銃かなんかかと思ったらヤ○トかよw

    0
コメントを書く