異世界転生した貴族は自重を忘れたようです

夜叉神

第14話 ステータス確認と精霊王その1

召喚魔法を試したあと特にすることもないのでまだ、確認しきれていないステータスを確認することにした。



【名前】アレス・フォン・エスフィーナ
【種族】人間族?
【性別】男
【年齢】5歳

【称号】辺境伯家三男 神々の特異点 転生者

【レベル】1
【体力】 200/200
【魔力】24500/24500

【能力】
  ー筋力 SS
  ー体力 SS
  ー知力 SS
  ー俊敏 S
  ー器用 S
  ー魔力 SS
    

【魔法】
火魔法Lv10
水魔法Lv10
風魔法Lv10
土魔法Lv10
光魔法Lv10
闇魔法Lv10
創造魔法Lv10
破壊魔法Lv10
時空間魔法Lv10
生活魔法L10
精霊魔法Lv10

【スキル】
鑑定Lv10
アイテムボックスLv10
武術Lv10
体術Lv10
魔法耐性Lv10
物理耐性Lv10

【加護】
創造神の加護Lv10
武神の加護Lv10
魔法神の加護Lv10
商業神の加護Lv10
生命神の加護Lv10
智神の加護Lv10
破壊神の加護Lv10
精霊王の加護Lv10

うん。いつ見てもぶっ壊れステータスだね。まずは称号から見ることにした。
というかいつの間に人間かも分からなくなったの?

辺境伯家三男
ベルマーレ王国の貴族の辺境伯家エスフィーナ家の三男。

神々の特異点
神々によって人間として違う場所にたっている存在となったものに与えられる称号。別名神の使い。経験値10倍、必要経験値十分の一倍

転生者
前世の記憶を持って生まれた存在に与えられる称号。知力補正あり

人間を辞める日は近そうだ。
次は魔法についてだ。


火魔法Lv10
火や炎を操る魔法。Lv10だと、全ての火魔法を使うことが出来る。

水魔法Lv10
水や氷を操る魔法。Lv10だと、全ての水魔法を使うことが出来る。

風魔法Lv10
風や嵐を操る魔法。Lv10だと、全ての風魔法を使うことが出来る。

土魔法Lv10
土や樹を操る魔法。Lv10だと、全ての土魔法を使うことが出来る。

光魔法Lv10
光を操る魔法。Lv10だと、全ての光魔法を使うことが出来る。

闇魔法Lv10
闇を操る魔法。Lv10だと、全ての闇魔法を使うことが出来る。

創造魔法Lv10
魔法、スキルを創造できる。創造には強いイメージが必要。作るものによって魔力消費が異なる。

破壊魔法Lv10
完全に破壊する魔法。人間に使うと肉体だけでなく、魂まで消えてしまう。消滅魔法なども含まれる。

時空間魔法Lv10
時間や空間を操る魔法。操るだけでなく、その場を通ったり移動したりできる。瞬間移動などもこの種類の魔法である。

生活魔法L10
生活に関する魔法を使うことが出来る。洗浄クリーンなど。

精霊魔法Lv10
精霊を使役して扱うことが出来る魔法。魔力とは違う霊力を使える。

結局はカンストしてるからすごいってことだけなんだよな
次はスキルだ

鑑定Lv10
物や生き物の詳細を見ることが出来る。Lv10だと自分より格上の存在でなければほとんど見ることが出来る。また、レベル九以下の隠蔽は効かない。

アイテムボックスLv10
ものを収納出来る。Lv10だと容量は無限。しかし、生物は入れることは出来ない。例外として、石化した石像や氷漬けになっていたり、死んでしまっているものは入れることが出来る。

武術Lv10
武器を使った動きが出来る。このスキルを持っていると勝手に動きに補正がつく。Lv10だと、やるべき事が瞬時にわかり、体が動く。

体術Lv10
武器を使用しない動きができる。このスキルを持っていると勝手に動きに補正がつく。Lv10だと、やるべき事が瞬時にわかり、体が動く。

魔法攻撃耐性Lv10
魔法的攻撃に対する耐性がつく。Lv10だと、ほぼ効かない。自動の切り替えができる。

物理攻撃耐性Lv10
物理的攻撃に対する耐性がつく。Lv10だと、ほぼ効かない。自動の切り替えができる。


通りで経験がないのに体が動くわけだ。
次に加護についてだ。

創造神の加護Lv10
《特典》¥$/_@&#%………………

「え!?……」
ちょ!最初からよくわかんないのが来たよ!!どういうことこれ!今度あの人に聞かなきゃ……

武神の加護Lv10
《特典》武術系スキル取得率上昇、武術スキル強化、筋力値補正、肉体精度上昇

魔法神の加護Lv10
《特典》魔法威力上昇、無詠唱、消費魔力軽減、魔力値補正、魔力操作力上昇

商業神の加護Lv10
《特典》アイテムボックス、鑑定使用可能、交渉力上昇、契約魔法使用可能

生命神の加護Lv10
《特典》自然治癒力上昇、回復魔法強化、状態異常耐性

智神の加護Lv10
《特典》知力値上昇、器用値上昇

破壊神の加護Lv10
《特典》Lv10だと、破壊魔法を使えるようになる。

精霊王の加護Lv10
《特典》霊力操作上昇、精霊魔法威力上昇、精霊王との契約権、消費霊力軽減

神様の加護やばくないか?未だに創造神様の加護はわからん。

「そう言えば精霊って見たことないな。」

精霊とは本当はあらゆる所にいると言われている。精霊は自然を操り、時には自然災害も精霊の仕業だとされている。精霊にも属性があり基本属性の火、水、風、土、光、闇がある。それぞれに階級があり、下級精霊、中級精霊、上級精霊、最上級精霊と言われている。そして、精霊は肉体がない。下級精霊と中級精霊は形が形成出来なくてその属性の色の光の玉的なものや属性の特徴の玉的なものらしい。上級精霊と最上級精霊は形が形成できる。上級精霊はその属性の特徴を持った動物の形をしているらしい。最上級精霊は世界に6人しかいないらしい。そして、最上級精霊は精霊によって自分で形を帰ることが出来るそうだ。
そこまでは知っている。知っているのだが……精霊王と言うものを聞いたことがない。王とつくからには精霊の王なのだろうけど……

「ほんとに……精霊王ってなんなんだ……」

布団に寝転がってそう呟いた時声が聞こえた。

「精霊王とは精霊たちを統べる王のことよ」


「っ!!」

布団から起きて周りを見渡してもだれもいない。

「誰だ?」

「やっと聞こえたわね。ちょっと待ちなさい。今具現化するから」


そう聞こえた瞬間目の前にモヤがかかりそこから虹色の羽を生やした小さな女の子が出てきた。

「ふぅ、やっと具現化できた。」

「君は一体……」


「私は精霊王よ!」










かなりステータス構成とアレスのステータスを変えました!

「異世界転生した貴族は自重を忘れたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー294662

    確かに

    0
  • ヒカッチ

    ゴブリン倒したのになんでレベル1なんだよ!

    1
コメントを書く