異世界転生した貴族は自重を忘れたようです

夜叉神

第四話 勉強

システィは専属メイドだが、文字の読み書きや計算などが出来るらしく。俺はシスティに文字などを教わった。そこでさすが、頭脳は高校生、脳は3歳児という最高の状態なのでスラスラとできるようになった。計算などは地球とあまり変わらないため、システィの授業を流しながら聞いていた。

そして1年がすぎた。
この1年間でわかったことが沢山ある。
まずこの世界はアポカディクトと言うらしい。そして今俺が暮らしている場所が中央大陸にある、ベルマーレ王国という国らしい。俺はその国の辺境伯家エスフィーナ家に生まれたようだ。中央大陸には人間の国が三つある。1つはベルマーレ王国、そして2つ目がレスティア帝国、3つ目がアポカディクト神聖国、4つ目がテゥスクリア連合国だ。その他にもドワーフの国ガラスティア国や、エルフの国シルフリード国、魔王が治めていて魔国ディアブリスタ国などがある。ベルマーレ王国は約、300年ほど前に勇者が作った国らしい。そして初代国王がユウキ・ライム・キサラギ・ベルマーレというらしい。うん、どう見ても日本人だね。そして現在の国王がグラッド・ライム・キサラギ・ベルマーレというらしい。この国は貴族制度をとっていて上から、王族、大公、公爵、侯爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、騎士爵となっている。大公は王族の兄弟だけになっていて、公爵から伯爵が上級貴族、子爵から騎士爵が下級貴族となっている。
そしてここからが魔法についてだ。魔法はレベルがあり、レベル10まであるらしい。また全員魔法が使える訳ではなく、適性がないと使えないらしい。
王国の筆頭魔導師が大体Lv5から7くらいだそうだ。俺は魔法使えるかな?
そしてこの世界の通貨が銅貨、銀貨、金貨などとなっており、
銅貨10枚で銀貨1枚、銀貨10枚で金貨1枚、金貨10枚で白金貨1枚、白金貨10枚で黒金貨1枚となるらしい。銅貨1枚が日本でいうところの大体100円くらいだから、
銅貨1枚→100円
銀貨1枚→1000円
金貨1枚→10000円
白金貨1枚→100000円
黒金貨1枚→1000000円
となる。流石に白金貨や黒金貨は商会や、国でしか使わないらしい。たまに冒険者ギルドの報酬として出るらしいがそんなことはまずほとんどないらしい。

「異世界転生した貴族は自重を忘れたようです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー294662

    面白い

    0
  • みかん

    あれ、国3つって書いてた気がするけど、4つある?
    でも、面白いです!

    2
  • べりあすた

    金に億単位あると思ったんだが…なかったか……

    1
コメントを書く