間違いで始まる物語

seabolt

第32話 「はるかとるみ」

一方


野村は山本の所に向かった。


仕事をしていた山本は、ぞくっと背筋に何か殺気を感じた。


振り向くとそこには、野村が立っていた。


「るみちゃん。どうしたの?」


「・・・・」と黙って見つめる野村。


「本当にどうしたの。黙って立ってて」


「はるかさん・・」


「はい?」


「ちょっと・・・いいですか?」


「えっ!・・・わたし?」と山本は自分を指差した。


「そう・・ちょっと・・・来てもらえますか」


山本と野村は、屋上にいた。


「るみちゃん・・こんなところの呼んで。どうしたの?」


と話しかける山本・・・


「はるかさん・・・金曜日のことなんですけと・・・」


すると山本の顔色が変わった・・・


ひょっとして、


久保君といたことがバレたの?


と思いつつ話そうとした時に・・・


「久保君と一緒にいたでしょう?」


と先に野村が言ってきた。


「・・・」


山本は、答えることができなかった。


「いたのね・・」


山本は、ただうつむくしかなかった。


「どうして?」


本当のことがいえない山本・・・


久保君が恭子だなんて言えないし・・・


どうしようと困っていた。


「本当に、一体どうして?」と問い詰める野村・・・


山本は、考えたあげく・・・


「合コンの後、また、西村が現れたのよ・・・」


「それで?」


と野村は、山本の言うことを半信半疑の目で見ていた。


「その時は、恭子と勇気が追い返してくれたの・・・」


「だから・・」


「ひょっとして、家に押しかけてくるんじゃないかと。」


「それで、久保君を呼んだの?」


「そう・・」


山本のその一言を聞いて


野村はため息をついた。


そして、


「ふ~ん、それではるかさんの家に泊めたんだ。」


完全に山本が悪いことをしたかのように言い放った。


「ちがうわ・・・」


それまでうつむいていた山本は顔を上げ言葉に詰まった・・・


野村を見ると目に涙が・・・


「何が違うの?」


「だから。」


山本が言おうとしたら。


「ちょっと来い!」と言う声が屋上出口からしてきた、


「なんだよ・・」


「貴様の根性叩きなおしてやる。」


その声を聞いて


西村と久保君だと二人は気付き、思わず出口の建物の裏に隠れた。

「間違いで始まる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く