間違いで始まる物語

seabolt

第24話 「ふぅ~」

何とかピッコロに無事着いた恭介・・・


席に行くと


「えっ・・・」と驚く・・・


なんで野村さんまでいるんだ


その驚きの表情を見た野村は、「お邪魔なんで・・」と立ち去ろうとした


「待って。」と止める山本・・・


「いいからそこに座りなさい。二人して・・」と無理やり二人を座らせる山本


「ところで・・」と聞こうとする恭介に


「まって、」と話をさえぎり「何で、るみちゃんがここにいるんかでしょう?」


と言って話を続けた。


「今回は、るみちゃんの協力がいるの。それと、このこと知っているのは、私達3人だけだから。」


「ところでどうするの。」と野村が聞くと


「久保君はフランへ行ったんでしょ。」


「はい。」


「るみちゃんは、フランは、男性客のコーディネートをしていることを、渡辺に聞かれたら言う。」


「はい。」


「それと金曜の晩に、デートでもする?」と唐突に山本が話しだした。


「えっ・・・デート・・ですか?」


この言葉にかなり動揺する恭介・・・


時々、野村をチラっと見ながら困惑の表情を隠せなかった。


「あんなこと言ったんだから、金曜にしないと」


「そうよ、不自然に思われるわ・・」と野村が言う。


「野村さんまで・・・」と困惑する恭介に


「るみちゃん、久保君をしばらく借りるから。」と山本が言うと


「いいですよ、はるかさん。ずーっと借りてて」と冗談ぽく言う野村・・


「大丈夫よ・・・ちゃんと返すから、これが終わったら、久保君と二人で、デートなり何なりうまくやってね。」


野村に気を使う山本に、蚊帳の外の恭介、俺は、品物か?と思いつつ・・・


「まぁ、それは、あとで考えますから。がんばってくださいね・・・はるかさん」


野村はその場を去って行った






「これからどうする?」と山本が聞いてきたので、


「とりあえず飯でもどうです?」と二人で喫茶店を出た


その時、渡辺は、さっきは、ひどい目にあったな~と独り言を言いながら歩いていると偶然二人を見つけた。


「まだ、ついてるねぇ~」と今度は二人の後をつけ出した。


「とりあえず、楽しみましょう」と言い出したのは山本だった。


「そうですね・・」


と二人の時間を楽しんだ。






店を出ると急に恭介が山本の手をつかんだ


「どうしたの?」と聞くと


「なべの奴がついて来てる。」


「そう。」と山本が寄り添ってきた。


そして


「腕組む?」と聞いてきた。


恭介はしばらく考えてると山本がそっと腕を組んできた。


街頭がまばらに照らす中、二人は寄り添って歩いた。


そして


「今日は楽しかったわ。じゃぁ!」と山本が手を上げて言うと


「じゃぁ。後で連絡するから。」と二人は別れた。


「ふ~ぅ」と恭介は息を掃いた。


長い一日だった。



「間違いで始まる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く