間違いで始まる物語

seabolt

第21話 「それぞれ」

それぞれ自分の机に戻った。


西村は。ショックを受けていた。


たった3ヶ月で、新しい彼ができていたことに、


ふと、渡辺に恭介のことを聞いてみた。






山本はまず恭介にお礼と今晩ピッコロで打合せしようとメールしていると野村がやってきた。


その表情は、なにやら不安げにも見えた。


「あら、るみちゃんどうしたの?」


野村は、山本の横に近づき小声で聞いた。


「何かあったんですか?」


「えっ・・なんで?」


「だって・・二人の後に、あの人が降りてきたの・・くらい表情で・・」


「あの人って?」


「あの日に途中で入ってきた人よ。」


山本は少し驚いた顔をしたが、


「ああ・・西村さんのこと?」


「で? どうなったんですか?」


不安そうに野村は聞いてきた。


「ここじゃ・・・ちょっと・・・」と答えをはぐらかした。


野村は、「また、後にします・・・」と去っていった。


そのころ


恭介のメールがなった。


誰だろうと見ると山本からだった


今日のお礼とピッコロに来てという内容だった。


そこへ


「恭介!!」と声をかけてきたのは、渡辺だった


「なんだよ。なべ・・・」と携帯を隠した


「どうした。携帯を隠して。メールか?」と覗き込もうとする。


目ざとい奴だなと思いつつ・・・


「何でもないよ。」


「今晩どうだ?」


「今晩?ちょっと無理・・・」


「何だよ・・・またかよ。そのメールか?」


渡辺は、恭介の携帯をとろうとした。


「やめろ・・」


「あっ・・・それと、この間、新任の上司の話したろう。」


携帯をとることをあきらめた渡辺は、思い出したかのように話した。


「ああ・・」


「お前なんかしたんか?」


「何が?」


「お前のことをやけに聞いてきたぞ・・・」


「で・・・なんていったんだ?」


「彼女もできない情けない奴だと」


「この~。そのほかは?」


「それと山本さんとの関係にも聞いていたなぁ?」


「そんなことを?」


「ああ・・変だよな。どう見ても恭介と山本さんだと。女王様と召使だもんな・・」


恭介はあきれたが「そう答えたんか?」と聞くと


「ああ・・」


逆にその答えにほっとした。







「間違いで始まる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く