間違いで始まる物語

seabolt

第9話 「はてさて・・・」

「久保君・・・なんで・・ここにいるの?」


「あっ・・いや・・・・」


どもる恭介・・・


それを見た勇気が気を利かして


「久保さまは、2日前に来店して・・・。」


野村は、少しいい気がしなかった。


「ふ~ん」


あせる恭介・・・


どうしよう・・・


さすがに女装したなんていえないし・・・


「この間は、ちょっとあせって・・・男が美容院て・・・・・・わかるだろ」


恭介は言い訳を言った。


その言葉にに勇気は少しぴくっとなったが。


「野村さま、すみません・・ここのお店は、男性の方も来店します。」


そう言って、恭介のフォローをした。


「知ってるわよ・・・で?何で服を?」と野村が聞くと・・・


「服のコーディネートもしてるんです。久保さまは、服を着てあわせた後、
自分の服をお忘れになったんです。」


勇気はスラスラとうそをついて見せた。


「まぁ~いいわ!」


野村は釈然としないまま、店に入って行った。


恭介は、しまったと思いつつとぼとぼ、家路についた。






野村は、折角先輩に予約してもらったんだから・・・


とりあえず、やってもらうことにした。


席に座ると、勇気以外の人がついた。


「あれ、勇気さんじゃないの?」と野村が聞くと・・・


店員は少しむっとして、「勇気は、基本的に常連さんと男性だけよ・・」


「あれ?山本さんの紹介できたんだけど・・・」


「山本さん?ってはるかさんのこと?」


「はい・・・」


「はるかさんの担当は、わたしよ・・」


「そうなんですか?じゃぁ、勇気さんと仲いいみたいだけど・・」


「えらく勇気のことが気になっているみたいだけど・・・」


「いや、べつに・・・私は、女の人に興味はないわ・・・」


店員は手を止めていった。


「変なこと言うわね・・・」


「変なことって?」


「勇気は、おとこよ・・」


「うそ!」と野村は動こうとしたので、店員は作業を止めた。


「信じられない・・・どう見ても、・・」


「女の子に見えるでしょ?」


びっくりした表情まま、コクリとうなずく野村・・・


店員は、続けた・・・
「そう見えるわよね、でも、勇気はゲイじゃないわよ・・・」


「え?」と野村は、頭の中が混乱した・・・


しかし、


調髪が始まり、


店員の腕がいいのに気づき、この店が気に入った


そして


思い切って久保のことを聞いた。


「一昨日、久保って男性が来てなかった?」


「あっ・・・さっき服取りに来た人!!」


「そうそう・・・」


「あの人ね・・」


店員が話そうとすると勇気がゴホンと咳払いをした。


「あっ・・・」と店員が言葉を詰まらせた。


「どうしたんですか。」


「あの人ねぇ、自分の服を忘れた行ったんですよ。本当にまぬけですよね。」


「そうだったんですか・・・男性客って結構来るんですか?」


「そうね、勇気がしっかりとしてるから、特にデートの前に来る人が多いみたい・・・」


「そうなんですか」


野村は少し気が重くなった。

「間違いで始まる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く