間違いで始まる物語

seabolt

第2話 「ためいき・・・」

はぁ~とため息をつく恭介・・・


そして


立ち上がり廊下をとぼとぼと歩く・・


向うで渡辺がにやついて立っていた。


「なべ! 俺をだましたな!!」


恭介は渡辺に近づいて行った


「いや、おれは、野村さんが入ったのを見たと言っただけだ・・・」


渡辺は目をそらして言い訳を始めた・・


恭介はその態度と言葉に、あきれた・・・


「じゃぁ、次は俺が野村さんでもお誘いするか・・・明後日の金曜でも・・・」


渡辺はかっこをつけて言った。


「それで断られたら、なべは、あきらめろよ・・・」


「俺が断れるとでも?」


恭介はうなずいた。


「まさか・・・」


渡辺は恭介の顔をみた


「約束だぞ・・・」


そう言ってにらむ恭介に・・・


「わかった・わかった・・」


渡辺の適当な返事を聞いて、


恭介はため息をついた。


「ところで・・・・どうしたその顔?ひょっとして・・・やまもとさんに相当、しぼられたんか?」


「そうだよ・・・」


恭介は渡辺を置いて、事務所に戻った。


そして、さっきのことを思い出した。


にこやかに話しかけてきた山本


「じゃぁ~、合コンに出てくれる?」


「えっ・・・」


絶句する恭介、まさか、合コンに誘ってもらえるとは思っても見なかった。


しかも、次の一言が恭介を地獄へ落とすとは夢にも思わなかった。


「今週金曜の合コン・・・るみちゃんも来るんだけど・・・・」


「はい。」


野村さんも来るんだ。そう思うと思わず元気よく返事してしまった恭介。


「はい。っていったわね・・・」


山本は恭介の両肩に手を掛けにこやかに話しかけた。


「はい。」


山本の雰囲気を気にしつつも、恭介は再び返事を返した。


「そう、よく決断したわね・・・・実は、女の子が一人足らないの。」


「えっ~」


「”え~っ”じゃないわよ、今、”はい”て言ったわよね・・・」


恭介両肩握る手に力が入った。


「でっ・・・でも・・・それって・・・ひょっとして」


「そうよ」


にんまりと笑みを浮かべる山本・・


「女装をしろ・・・と」


山本はこくりと首を縦にふった。


「わ~っ」


叫んで恭介は逃げようとしたが、


両肩を抑えられた状態で逃げることができない


ただ


その場でじたばたするだけだった。


「るみちゃんに言おうかしら}


山本の一言は、恭介の動きを止めた。


そして、


「さっき、何でも言うことを聞く・・・て言ったじゃない。」


山本は問い詰めた。


「でも、それと、これとは・・・」


「じゃぁ、るみちゃんに言ってもいいわよね」


恭介は、目をうるまして首を


横に振る・・・


「じゃぁ、でてくれるの・・・」


山本が再度たずねた。


恭介はついに観念した。


「はい・・・」


うつむいた・・・・


無理やり恭介の承諾を得た


山本はにこやかになって


「ところで、久保君は、メイクとかしたことあるの?」


「いえ」


「そうよねぇ、女装といっても、ウィッグつけて、女物の服着るくらいでしょ?」


「はい。」


「じゃぁ・・・」


山本は、メモに何かを書き、


恭介手渡した。


「これは?」


「合コンが、あさってだから・・・明日、明後日とここに行って」


「ここは、・・・」


「フランって美容室・・・ここの勇気ちゃんに頼んどくから。」


「頼むって、何を」


「当然、あなたの女装を・・・それと携帯教えてよ・・・」


お互い携帯番号の交換をすませ、


山本が立ち去ろうとしたら


「明日チェックしに行くから。ちゃんと行くのよ。」


恭介は山本に念を押された。


最悪だ・・・・


恭介は再びため息をついた。



「間違いで始まる物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く