神眼使いの異世界生活

夜叉神

第48話 かえってきたソウマ


アルテミスが帰ってくる少し前・・・・・・


「よし、転移できたな。」

「主様、ここはどこかの?」

「ここは今俺が居を構えてる王都の外壁付近だ。さすがに直接中に入ると怒られるからな。検問所を通ってはいる」

俺は新たなる仲間黒皇竜のシュレイを連れて王都に入った。

「よし、それじゃあまずは冒険者登録でもするか」

「ん?妾も冒険者とやらになるのか?」

「まあ、その方がいいと思うぞ?別に従魔でもいいんだが、人型を従魔として連れ歩くのは少し抵抗があるからな。それに仲間として上下関係は無くしておきたい。」

「それじゃあ主様はやめた方がいいのかの?」

「別にどっちでもいいぞ。ソウマでもいいし、そのままでもいいし」

「では旦那様はどうかの?」

「それはやめた方がいいな。」

「そうか。それじゃあソウマとするかの。」

「そうか。よし、冒険者ギルドについた。・・・そう言えばシュレイの種族ってどうなってるんだ?」

「ちょっと待つのじゃ確認する・・・・・・うむ、竜人族ということになっておる。」

「角も何も生えてないけどな」

「そうじゃな。これも変異の影響かもしれんの。」

「というかシュレイって普通の黒皇竜でSSランクで変異・・・特殊個体だから、SSSランクの魔物か!!」

「む、そういうことになるのか?」

「シュレイで良かった。もっと聞き分けのないやつだったら王都にすら入れずそのまま国を挙げての戦いになってたところだぞ。」

SSSランク級の魔物は軍隊を幾つも総動員してやっとのこと勝てるかもしれない強大な力を持った超危険級の魔物だ。実際に一体のSSSランクの魔物に国が滅ぼされた記録もある。
十二天魔獣はその上のEXランクの魔物だ。そんなに上を作らなくてもいい気がするが、気にしない。

「それは嫌じゃ。」

「俺も嫌だよ。まあ、シュレイはシュレイだ。俺達の新しい仲間のな」

「ありがとナノじゃ」

俺はシュレイの頭を撫でるとギルドの中に入った。

中に入ると騒いでいた冒険者がこちらを見てシーンとなる。

「ソウマは有名なのか?」

「まあ、多少な。良いのか悪いのか知らんが」

「何をしたんじゃ」

俺は受付のアリスの元へ行く。

「こんにちはソウマさん。」

「ああ、依頼が終わったから報酬を。それとこいつの登録を頼む」

「また女の子ですか?」

「?何を言ってるんだ?」

「はぁ、なんでもないです。リル、私はソウマさんと裏にある倉庫に行ってきます。貴方はこの女性の登録をしなさい」

「は、はい・・・」

「いいですか。今回はギルマスと私のおかげでクビをまのがれ、減給だけで済んだんです。今回はソウマさんの連れてきた人です。丁寧に接してください。次はもう庇いませんからね」

「はい。ソウマさん。午前中は申し訳ございませんでした。どうかお許しください」

「ちゃんと仕事しろよ。」

「はい」

「まあ、俺はギルドのことにとやかく言うつもりは無いからそれでいい。アリス頼むぞ」

「ありがとうございます。それではご案内致しますね」

「ああ」

俺は受付から裏の倉庫まで案内されてタイラントドラゴンの死体を取り出した。

「ほんとにタイラントドラゴンだ。凄い、しかも素材も新鮮・・・さすが、ソウマさんですね」

「ありがとな。それで?あの受付嬢にはどんな教育をしたんだ?」

「いえ?特に何もしてませんよ。私は。ギルマスが何をしたのかは知りませんが。まあ、どこからか戻ってきた時はボロボロになって、泣きながら戻ってきましたね」

「はははは!それは随分とやられたんだな。まあいいか」

検査をその場にいた鑑定士の人に任せ、俺達は受付に戻ってきた。

「あら、リル。きちんと出来ましたか?」

「はい。シュレイさんの登録はきちんとしました。」

「うむ!ちゃんとカードを貰ったのだ!」

シュレイは嬉しそうにカードを見せる。

「よかったな。ありがとな、リル」

「い、いえ」

まだ怯えられているな。というか怯えられるほどのことをした覚えがないんだが?

「ソウマさんはこれからどうするんですか?」

「アルテミスを待つつもりだ。まあ、帰ってくるまでギルドにいるつもりだよ」

「わかりました。」

「それじゃあ」

そう言って俺とシュレイはギルドの酒場に入る。
酒場のカウンターに座って飲み物と食べるものを適当に頼んだ。

「シュレイは何か食べるか?」

「人間はこのようなものを食べておったのだな。ん?これはなんじゃ?」

「酒だな。飲むか?」

「うむ、飲んでみるのじゃ」

「おっちゃん、酒を二人分」

「あいよ」

俺は酒場のおっちゃんに酒をふたつ頼んだ。

・・・・・・後になって飲ませなければよかったと後悔することになる。



「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く