神眼使いの異世界生活

夜叉神

第40話 屋敷~料理開始~

翌日、ソウマはメイドの声によって起こされた。

「ソウマ様。朝食のお時間です。」

「ふぇァ。あ、はーい」

実はメイドはソウマを今朝ソウマを起こしに合計4回ソウマの部屋の前に来ている。
声をかけてもなかなか起きず、朝食前最後の4回目だった。

「ふぁぁぁ。寝みぃ。」

相変わらずの寝起きの悪さなのだった。

その後、着替えをして、アルテミスやアレク達と共に朝食を食べた。
食堂から戻る時にアルテミスから声がかかる。

「ソウマ。何時ぐらいに行く?」

「そうだな、昼ぐらいに行くよ」

「わかったわ。それじゃあ、12時くらいに門の前で待ち合わせね」

「わかった」


ソウマが部屋で時間を潰していたら直ぐに時間になった。

「そろそろ行くか」

ソウマはそう言って部屋を出て城の出口に向かった。
城の扉を出ると既にアルテミスがいて後ろには馬車があり、セバスさんが居た。

「お待たせ」

「そんなに待ってないわ。じゃあ、セバス行ってくるわ」

「はい。場所は既に教えてあります。行ってらっしゃいませ」

「うん」

ソウマとアルテミスは馬車に乗って城を出る。
アルテミスと雑談をしながら到着を待っていると馬車が止まった。

「ソウマ様、アルテミス様屋敷に着きました」

「分かりました。ありがとうございます。」

そう言ってソウマとアルテミスは馬車から出る。

「ひょえぇーー、これはなかなかデカイな」

「そうね。仮にも公爵家の屋敷だったのだからこれぐらいあって当たり前でしょうね」

「そんなになのか。けど、そんなに広い屋敷ばっかり会ったら貴族たくさんいるんだし場所が足りなくないか?」

「まあ、貴族全員が同じくらいの広さを持っていたらそうなるかもしれないけど、爵位ごとに結構広さに差があって大きさは様々なの。それにこの王都はとても広いし、お父様と貴族の数をできるだけ絞ってるの。」

「なるほどな。さてと、これからのベースの家だ。どんなとこか気になるな」

「ふふふ、早速入ってみましょう」

などと話しているが未だに馬車を降りてすぐでまだ門をくぐってすらいない。
話が終わり、門をくぐって敷地に入る。

「へぇ、綺麗なもんだな。庭も整備されてるし、噴水も綺麗な水が出て……って!噴水?!」

「ん?何に驚いてるの?」

「いや、だって噴水だぜ?なんでこの世界にあるんだよ。てか、どうやって動いてんだあれ」

「それは水の魔力が込められた魔石を利用しているんです」

ソウマが驚いているとソウマの物でもアルテミスの物でもない声が答えた。

「クラウスか。」

「はい。ようこそお越しくださいました。どうですか?この屋敷は」

「ああ、すごいと思うよ。あいつが自然が好きだったってことがよく分かるな。」

それほどまでに整えられていて、美しいと思える入口だった。

「ありがとうございます。まずは屋敷の中を案内しようと思っていますがよろしいですか?」

「ああ、頼む。」

「かしこまりました」

やってきたクラウスに案内され屋敷の中を見て回ることにした。

そして、約2時間後……

「これで敷地の全てを回りました。」

「やっぱり広いだけあって時間かかったな。」

「そうですね。お腹が減りました。」

「だなぁ。あ、じゃあクラウス。キッチン貸してくれるか?」

「はい。もちろんですが、料理なら調理人がいますよ?」

「ああ、そうなんだけどな。今回は俺に作らせてくれ。」

「え?!ソウマ料理できたの?」

「ん?んなもん当たり前だろ?なんと言ったって俺だからな。いいか?クラウス」

「もちろんでございます。ご案内致します。」

ソウマ達はクラウスに案内され調理場にやってきた。

「じゃあ作ってるから2人は使用人たち全員を食事できる場所に集めておいてくれ。」

「わかりました。」

「わかった」

2人はそう言って調理場から出ていった。

「さてと、まあ、この広い調理場を1人で料理するのも、一気に40人分作るのも無理だからな。魔導覇神 実体影分身」

ソウマがスキルを使うとソウマの影から実体のある分身が出てきた。
実体影分身はその名の通り実体のある分身を生み出す魔法である。もちろん、そんなものは元々無いため今作った。

「さてと、俺が作りたいものはわかってるだろ?」

「当たり前だろ。さっさと作っちまうぞ」

「そうだな。よし!各自料理開始!」

本体のソウマが声をかけると一斉に分身ソウマは動き始めた。


そして、ソウマ6人によるたのしいたのしい料理が始まったのだ。

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く