神眼使いの異世界生活

夜叉神

第29話 決闘

「それでは……始め!」

すると、シフォルも壁際によった。

「あ、そう言えば相手って殺しても大丈夫なのか?」

「それなら大丈夫だよ」

「なら良かった。」

竜は俺を敵として認定したようでこちらを睨んでいる。

「ぐるるるるる」

「おお、怖い怖い」

「グラァァァァァ!!!!」

竜はソウマに向かって突進してくる。

ソウマはそれを……避け無かった。

ドーーーーン!!!

しかし、壁まで飛ばされたのはソウマではなかった。

「え?」

テレホォンは何が起こったのか全くわかっていない。

ソウマは舞台の真ん中で右手を出して立っていた。

「おいおい。俺何にもしてないぞ。ただ手を出しただけなのに」

『それはマスターと飛竜のステータス差がありすぎるからです。』

「やっぱりそうか……」

ソウマは心の中で強くなりすぎたかなぁと思う。

竜はやっと起き上がった。

テレホォン達はさっき元気すぎると言っていた。それに先程まで抑えていた時の暴れよう。恐らくきちんと制御しきれていないのだろう。所詮知性のない竜だ。従うなどほとんどない。それ以上に知性のある竜の方が従わせにくい。竜の上位としてのプライドを持っているからだ。
そして、ほぼ野生の竜と同じということは近くにいるものを襲う。

そして、飛竜に1番近くにいる者は……


「こっ、こっちに来るなぁァァ!」

テレホォン達である。

そして、飛竜に爪の攻撃で殺されそうになった時飛竜の爪はなにかに阻まれた。

「こんな所で死なれたら興ざめだ。」

結界を張ったのは俺だ。

「さてと……」


飛竜は既にソウマにロックオンしておりソウマの方を向いている。

「さてと、お前には悪いが俺の糧になってもらう」

『レベルはもう上がりませんが』

「うっせ。リエル発動しろ」

『はい。既に発動しています。あと5秒で回収終わります。3、2、1。完了しました。もういいです』

「よし、じゃあ、どうやって倒すかな」

ソウマは右手を飛竜に向ける。

「特別にカウントダウンしてやろう。お前が死ぬまで……5」

「グルゥゥ」

「4……3……」

「グルァァァァ!」

飛竜はソウマに向かって再び突進してくる。

「2……1。チェックメイトだ。紫電一閃」

ソウマが魔法名を唱えた瞬間空に黒い雲が渦上に集まりその中心から一筋の光が落ちた。
それは紫色の光を放ち一直線に飛竜に直撃した。

眩い光が会場を覆い尽くす。

《紫電一閃》
雷魔術の中級魔術。雲を上空に集め、紫色の雷を魔力で強制的に高速で落とすことで威力を高め相手にぶつける魔術。


眩い光が収まったあとそこには丸焦げになり倒れている飛竜の死骸だけだった。
鎧も関係なく殺している。

「勝者 Sランク冒険者!異端者ルールブレイカーのソウマ!!」

シフォルがそう宣言すると止まっていた観客達は騒ぎ出す。


「「「「「「おおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」」」」」」


決闘が終わった


「まあ、随分と威力を弱めたから形は残ったか」

『本来込める魔力の3分の1程しか込めてませんからね。飛竜は竜の下級とはいえ竜種にかわりありません。飛竜でもAランクの魔物ですからそれくらいは耐えてもらわないと困りますから』

「だよなぁ」

リエルと話していると後ろの入口からアルテミスが走ってきた。


「ソウマ!!」

「おっと」

アルテミスが抱きついてきたのをソウマはしっかりと受け止める。

「心配したんだからね?」

「おう。心配させて悪かったな」

そして、いいところに入る邪魔者。


「うっ、嘘だァァァァ!あ、あいつは竜種なんだぞ!そっ、そんなやつに!かっ、叶うはずないんだぞ!」

テレホォンとその取り巻きだった。

「ど、どんな手品を使ったのです!」

その取り巻きは怒鳴ってくる。

「それは違うよペーパー男爵。」

「な、なんですと!」

シフォルがあいだに割り込んだ。

てかあいつペーパーって言うのか。なんで電話とか紙ばっかなんだ?

「そもそも飛竜とはAランクの魔物に入る。」

「な!竜種なんですぞ!Sランクには入るはずなのです!」

「それは中級からの竜種だ。下級の竜種なんてAランクにしかならない。それに飛竜程度だったら僕単独でも勝てる。」

「グヌヌゥゥゥゥ」

テレホォンとペーパーは顔を真っ赤にしている。

「それを一週間前に既に僕より圧倒的に強いソウマ君が倒せないとでも?しかも、この1週間は迷宮に行っていたと聞いた。さらに強くなっているはずだ。正直倒すのにあんな魔法必要ないくらいね」

「ぎ、ギルマスよりも強いだと?」

「君たちは僕が彼につけた二つ名の由来を知っているかい?」

「…………」

「簡単な話さ。その以上なる強さ。まるでこの世の理から外れたような強さ。今までの常識を壊すような強さから異端の者。異端者ルールブレイカーだ。」

「常識を……壊すだと?」

「君たちは間違った相手に喧嘩を売った」

テレホォン達はガクリと膝を折って負けを認めた。





「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 獣王メコン川

    電話くんは草

    0
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    電話くん…終わったな…

    0
コメントを書く