神眼使いの異世界生活

夜叉神

第27話 ダンジョン

翌日、ソウマは起きてから朝食を食べ部屋で決闘のことを考えていた

「リエル。決闘に関して教えてくれる?」

『はい。まず決闘とはお互いが名誉、異性、土地、利権、財産などを賭けて勝負をするものです。決闘の大前提ルールとして片方が相手に手袋をぶつけると決闘を申し込んだことになります。逆に触れなければそうなりません。』

「そうか。」

『賭けるものに関しては互いに良いと言ったもので第三者がそれで公平だと判断した場合了承されます。決闘時は本人が出ても良し、代理人が出ても良し、従魔などの魔物を出しても良しという状態です。魔法、武術、武器など全て使用してOKで、負けた方は必ず条件を飲まねばならりません。』

「破った場合は?」

『死刑で、その者の全てを勝った方に送られます』

「単純だな。」

『けど、今どき決闘なんて珍しいんです。ここ10年間はなかったみたいですし』

「そうなのか。ついでにあの電話テレホォンが何を出すか分かる?」

『分かりますが、それでは面白みが無くなってしまいますよ?』

「じゃあやめる」

その後もソウマはゴロゴロしていたがなんだか急に不安になってしまった。

「レベル上げしようかな」

『それなら王都の近くにあるダンジョンが良いかと思います』

「ダンジョン?」

『はい。マスターなら1週間以内にクリアできると思います。』

「なにそれ面白そう。よし、そこに行こう」

ソウマはアルテミスの所へ行った。

「アルテミス。入っていいか?」

「ソウマ?いいよ」

アルテミスの部屋は意外と綺麗にものが整っていていい部屋だった。

「どうしたんですか?」

「ちょっとダンジョン行ってくる。」

「え?ダンジョン?どうして?」

「なんか無性にレベル上げしたくなったから。」

「決闘までに間に合うの?」

「それまでには帰ってくる」

「そう。じゃあ、行ってらっしゃい」

「行ってくる。あ、ちゃんと剣の練習してるんだぞ。それとハク預けるから面倒見てもらっていいか?」

「分かったわ。ハクちゃんこっちおいで」

ハクはソウマの頭からアルテミスの元へ移動した。

「じゃあ、いってきまーす」

「行ってらっしゃい」

そう言ってソウマは城を出た。

その後ソウマは食料を買い溜め無限収納にしまった。

「他に必要な物あるかな」

『それなら結界石を買った方が良いかと』

「結界石?」

『よくダンジョンに潜る冒険者が内部で休憩を取ったり寝たりする時に使う結界を張る石のことです』

「どこで売ってるかな」

『それならばマスターが作ってしまえば良いかと。』

「そう言えば作ることができるんだったな。なら、使う時に作るか」

その後ソウマはギルドにダンジョンに行くと告げて王都を出た。

「さてとリエル。ダンジョンはどっちだ?」

『ここから南に3kmほど行った場所にある塔がダンジョンです』

「塔?地下にあるんじゃないのか?」

『ダンジョンには2種類あってひとつは地下迷宮型。さっきマスターが言った地下にあるダンジョンです。2つ目が塔型。これから行く塔の形をしたダンジョンの事です。』

「なるほど。じゃあ行くか。5分くらいで着くかな」

そう言うとソウマは通常の人には見えないスピードで走り出した。

「近くなったら教えてくれ」

『了解』

それからソウマば6分ほどでダンジョンの前についた。

「少し送れたか。意外と人がいるな」

『ここは中級ダンジョンなので、そこそこの冒険者が来ているみたいです』

「なるほど。それじゃあ行くか」

ソウマはダンジョンに入っていった。




「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ケモ耳最高

    最後の方の「少し送れたか」のところって誤字ですか?

    0
コメントを書く