神眼使いの異世界生活

夜叉神

ソウマのステータス改定



【名前】 鳴神創真
【年齢】 15
【性別】 男
【種族】 人族
【称号】転移者、創造神の祝福を受けし者、強奪者、盗賊殺し盗賊キラー、神竜の契約者、殲滅者、竜殺しドラゴンスレイヤー、神竜の加護を受けし者、Sランク冒険者


【レベル】137
【体力】 624500/624500 
【魔力】 5085000/5085000 

【スキル】
剣術Lv20
双剣術Lv5
短剣術Lv3 
弓術Lv3 
棒術Lv16 
斧術Lv10 
投擲術Lv3 
炎魔法Lv14 
水魔法Lv15 
氷魔法Lv8 
風魔法Lv10 
土魔法Lv8
光魔法Lv8
闇魔法Lv9 
身体強化Lv15
気配察知Lv8 
気配隠蔽Lv6 
鑑定Lv5
テイムLv3
体力自動回復Lv5 
魔力自動回復Lv7
自然治癒Lv7 
魔力的攻撃耐性Lv5  
物理的攻撃耐性Lv4 
状態異常耐性Lv4 
指揮Lv3 
殺気 


【固有スキル】
無詠唱 
擬態
捕養
硬化
瞬脚 
天歩 
毒霧 
狂化 
咆哮 
吸収
分裂
 無限収納インペントリ
 月光の道標
 六星の魔眼

【武器】 斬魔刀 斬羽
【装備】鬼龍神の服(上・下)
    鬼龍神の外套
    天龍神の靴


だったのを変更します。
結果がこちらです。


【名前】 鳴神創真
【年齢】 15
【性別】 男
【種族】 人族

【称号】転移者、強奪者、盗賊殺し盗賊キラー、神竜の契約者、殲滅者、竜殺しドラゴンスレイヤー、Sランク冒険者、アルテミスの婚約者


【レベル】137 
【体力】 624500/624500 
【魔力】 5085000/5085000 

技能スキル
物理系技能アタックスキル
剣技Lv:5
双剣術Lv:5
短剣術Lv:3
弓術Lv:3 
棒技Lv:3
斧術Lv:10 
投擲術Lv:3

魔法系技能マジックスキル
炎魔法Lv:MAX
水魔法Lv:MAX
風魔法Lv:MAX
土魔法Lv:8
雷魔法Lv:3
光魔法Lv:8
闇魔法Lv:9
氷魔法Lv:8
炎魔術Lv:2
水魔術Lv:3
風魔術Lv:1

他技能マネジメントスキル
身体強化Lv:15
気配感知Lv:8
気配遮断Lv:6
鑑定Lv:5
テイムLv:3
体力自動回復Lv:5 
魔力自動回復Lv:7
自然治癒Lv:7 
魔力的攻撃耐性Lv:5  
物理的攻撃耐性Lv:4 
状態異常耐性Lv:4 
指揮Lv:3 
殺気Lv:3

固有技能ユニークスキル
無詠唱、硬化、瞬光、纏魔、魔力操作、限界突破、狂化、毒霧、咆哮


究極技能アルティメットスキル
無限収納インペントリ
叡智之王リエル
七つの神眼セブンアイ

【加護・寵愛】
神々の寵愛

【武器】 斬魔刀 斬羽
【装備】鬼龍神の服(上・下)
    鬼龍神の外套
    天龍神の靴


1、スキルのレベルはMAXが10について
スキルのレベルの最大値を10とします。それ以上はスキルによって進化します。表示はMAXとする。

2、スキル名及び効果、構成の変更
月光の道標を叡智之王リエルとする。さらに六星の魔眼を七つの神眼セブンアイとして、魔眼の内容を変更する。
変更内容及び辻褄合わせ

世界案内
ソウマに名前をつけられた時に感情が出現し究極能力アルティメットに進化した。

七つの神眼セブンアイ
第一の神眼 強奪眼
体力や魔力、スキルを奪う。半径10メートルまで効果範囲。奪えるのは自分より少しでも弱ければ奪える。比較対象は相手のステータスにレベルがあった場合、レベルの差。レベルがない場合は対象自体の神に決められた格によって比較する。
目の色は紅
第二の神眼 譲与眼
スキルを他の者に与える。与える場合、レベルで区分けして与えられる。また、与えるに当たって互いに認め合った場合のみ与えることが出来る。
目の色は蒼
第三の神眼 夢幻眼
相手に幻術や夢を見せる。見せるものによっては相手の心を折ったり、相手を操ったりできる。自分が見せたい映像を見せたりなどもできる。
目の色は翠
第四の神眼 転移眼
一度行った場所や空間に一瞬で転移できる。また、視界に入っている場所にも転移できる。
目の色は紫
第五の神眼 透魔眼
魔力を視ることが出来る。その人に流れている魔力、漏れ出る魔力を色や形で識別することが出来る。
目の色は白
第六の神眼 創造眼
魔法、スキル、物質を創造できる。この時物質の定義は武器や装備、魔道具などの加工された物である。物質の創造において素材がある場合その分の魔力消費は少なくなる。逆に素材がない場合は魔力にて代替わりをする。また、作る時に込める魔力量によってその物の品質や種類(格)が変わる。
目の色は金
第七の神眼 纏神眼
文字通り神を自分に纏わせその力を行使することが出来る。
今は一定条件を満たしていないため開眼出来ない。

普段は黒茶色の瞳である。

というものに変更する。

3、ステータス欄に加護等を加える
神々や位の高い存在(以降神々)から認められた者に神の加護、神々に愛された者が神の寵愛を受けることができる。ランクは加護<寵愛になっていて加護より寵愛の方が効果が強い。効果はその神によって違う。
ソウマの場合神々の寵愛となるため寵愛をさずけている神が多岐に渡る。随時紹介していきます。

4、スキルを区分けする
通常スキルを3つにわけ、物理系、魔法系、その他の3つにわけた。物理系は物や体を用いて相手にダメージを与えるスキル。魔法系は魔力を使い現象を起こしそれによってダメージを与えるスキル。その他は自分にかけたり、相手にダメージを与えないようなスキル。スキルによっては攻撃にもなる。

5、スキルの種類名を変える
4、によって区分けしたスキルの他に固有スキルがあったのをさらにわけ固有スキルと究極技能アルティメットスキルを追加しそこに世界案内リエル無限収納インペントリ七つの神眼セブンアイを移動する。

6、スキルの進化機能を付ける
スキルによっては進化できるものとし、物理系のスキルにおいて、〜術から進化すると〜技となる。また、物理系において、元の下位スキルは上位スキルに統合され消える。魔法系のスキルにおいて〜魔法から〜魔術となる。魔法系は物理系とは違い、スキルとして残りそれを行使することを可能とする。その他のスキルにおいてそのスキルによって進化するかしないかが変わる。
また、固有技能は場合によっては進化する。究極技能は既にスキルとしての上限なので、進化することはない。



随分と大幅に改正しました。
これらはソウマだけでなく、その他のキャラクターもこの形式のステータスにします。

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く