神眼使いの異世界生活

夜叉神

第16話 助けたのは誰?

森の中を歩いていると簡単にジャイアントボアを見つけた。
依頼では三体だったが、五体いる。
ジャイアントボアは簡単に言えば熊である。しかし、その体は大きく、爪が鋭く、スキルを使い、その凶暴性からAランクの魔物とされている。

「ちゃっちゃと終わらせるか。ハクも手伝ってくれるか?」

「キュウ!」

「じゃあ、魔法での援護を頼む」

「キュ!」

ハクはソウマの頭から飛び立ち空中に飛んだ。
ソウマは与奪眼でステータスを奪う。

『奪い終わりました。』

「よし、ハク!」

「キュ!」

ハクはソウマの合図で風魔法をはなつ。
すると、ジャイアントボアの体に風の刃によってたくさんの切り傷ができた。


「ぐらああああああ!!!」

「はっ!」

そこにソウマが斬羽で真っ二つにする。
それを見て他のジャイアントボアは怒りスキルを使用しようとするが、発動しなくて首をかしげている。

そこへソウマは斬羽を持って突撃する。

ステータスを全て奪われたジャイアントボアにソウマの動きについていけるはずがなく、瞬殺された。

「討伐部位はたしか牙だったよな」

ソウマはジャイアントボアから牙を引き抜きほかの体も無限収納似しまった。

「じゃあ帰るか。」

「キュ!」

『マスターここからしばらく言ったところに馬車が襲われてます』

「助けた方がいいな。ハク予定変更だ」

「キュ!」

ハクはソウマの頭に乗って返事をする。

「ちょっと急ぐか。しっかり捕まってろよ」

ソウマはそう言うと空を向いた。そして、次の瞬間そこから消えた。

ソウマがどこに行ったか。
それは上空である。

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

ソウマは上を向いた時に上位に焦点を決めてそのに転移したのだ。

「どごだあああああ」

落下する空気の抵抗でうまく喋れない中今日に喋り襲われている馬車を探す。

「あっだ!!!」

相変わらず濁点がつく喋り方である。
とにかく、ソウマは馬車を見つけた。
どうやら盗賊に襲われているようだ。
ソウマは近くの森の中に転移する。

「ああぁ。さっむ!早く行かないとな。」

ソウマは無限収納から斬羽を取り出して、馬車の方へ走った。
10秒もしないうちに道に出る。
右を見ると、豪華な馬車が盗賊らしき奴らに囲まれていた。周りの騎士が交戦をしている。しかし、人数が少なく、だいぶ押されているようだ。

「助太刀にきた!」

「なっ!」

ソウマはハクを頭に乗せたまま盗賊に切りかかる。

盗賊はソウマにステータスを奪われながら切り殺されて言った。
騎士と協力して盗賊を倒し終わるとソウマは馬車に近づこうとした。

「まて!お前は何者だ!」

「俺はSランク冒険者のソウマだ。襲われているところを見つけたから助けに入ったんだが」

「そうだったのか。感謝する。」

「豪華な馬車だが貴族の馬車か?」

「それは……」

「お主か?盗賊に襲われているところを助けてくれたのは」

馬車の中から一人の男がでてきた。

「陛下!危険ですので中にお入りください!」

「黙れ!助けてくれた礼もせんとは王族の恥である!」

「も、申し訳ございません」

「それでお主で会ってるのか?」

「はい。俺ですが」

「貴様!陛下に向かって!!」

「よい!紹介がまだだったな。私はこのロディア王国国王アレク・ヴァン・ロディアである。」

国王だった……



「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 獣王メコン川

    王女かなって思ったら国王かwこういう展開好き

    2
  • ロキ

    会ってるではなく合ってるかと(*´ω`*)

    1
  • ノベルバユーザー282808

    テンプレと少しズレてるのイイネ

    2
  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    王女じゃなくてまさかの国王かよwww

    2
  • 作者K

    国王お出かけすんなや

    0
コメントを書く