神眼使いの異世界生活

夜叉神

第13話 模擬戦

翌日、俺とハクは仕事を探しにギルドにきた。
依頼の掲示板の前に立つ。
俺は今Fランクなので、受けられる依頼はFかEだけだ。
掲示板で依頼を探していると後ろから声がかかった。

「おはようございますソウマさん」

「ん?ああ、おはようございますアリサさん」

「急で悪いのですが、ちょっと来てもらってもよろしいですか?」

「はい?なんでしょう」

「ギルドマスターが話をしたいそうです。」

「ギルドマスターが?」

「はい。それで、3階の執務室まで来て欲しいとの事ですので、案内します」

「わかりました。」

ソウマはアリサについて行ってギルド3階、ギルマスの執務室まで足を運んだ。

(リエル。なんだろうね)

『恐らく、昨日の魔物の素材で、マスターに聞きたいことがあるのかと』

(なるほどね)

「ソウマさん。ここです。ギルドマスター。ソウマさんを連れてまいりました」

「入っていいよ」

中からした声は若い声だった。
ソウマとアリサは中に入る。

「やあ、君がソウマだね?」

中にいたのは若い青年だった。
髪は金色で、瞳は緑、そして、耳長く尖っていた。

「エルフ?」

「そうだよ。これでも君よりは長く生きているからね?」

「そ、そうなんですね」

「まあね。アリサ二人分の飲み物を」

「わかりました」

「さあ、ソウマ君。そこに座ってくれ」

「はあ、じゃあ失礼して」

ソウマは目の前にあるソファに座るとギルドマスターはその迎えに座った。

「まずは自己紹介からだね。僕はこのロディア王国の王都の冒険者ギルドのギルドマスターをしている、シフォルだ。元SSランク冒険者だよ」

「SSランクですか。凄いですね。俺はナルカミソウマ。Fランク冒険者だ」

「Fランクね。あの量の魔物を一気に売る。それにまだ残っていると聞いた。君は一体何者だい?」

「うーん。それは言えないですね。けど、敵対するつもりは無いですよ?」

「当たり前だよ。僕は君の実力を見たいんだ」

「実力?」

すると、アリサさんが飲み物を持ってきた。

「失礼します。お飲み物をお持ちしました。」

「ありがとうございます」

「ギルマス。あまり前置きが長いと嫌われてしまいますよ?」

「あっはははは!そうだね。じゃあ簡潔に行こう。僕と模擬戦しないかい?」

「ストレートですね。」

「ストレート過ぎたかな?」

「いえ、全然大丈夫ですよ。いつにします?」

「じゃあ、今からだ。これから地下の訓練場に来てくれるかな?」

「わかりました。」

「アリサ案内して上げて」

「わかりました。では、こちらです」

ソウマとアリサは執務室をでて、地下の訓練場に向かう。

「ギルマスはあの容姿で、ちょっとした戦闘狂なんです。だから、ソウマさんが強いんじゃないかって話したら直ぐに戦うって言い出して。それなのに何故か慎重にいくんですよ」

「それだけですかね?俺には本当に俺があの魔物を倒してきたのか確かめたいって感じでしたけど?」

「それもあるかもしれませんね。っと、ここです」

1階の地下への階段を降りていく。

「地下には行ったことなかったです。どのくらいの大きさなんですか?」

「ふふふ。驚きますよ。もうすぐですから」

階段を降りて訓練場への入口を通ると、そこにはとても広い空間があった。
奥の方では冒険者達が剣を交えている。

「で、でけぇ」

「ここの訓練場は冒険者ギルド最大の広さを誇るんです。」

「けど、どうやって?こんな広い空間を地下に作ったら崩落してしまうんじゃ」

「この訓練場を作ったのは500年前の勇者なんです。その勇者は人間には使えない時空間魔法を使い、この地下の空間を広げたそうです。」

「なるほど。時空間魔法ね」

『マスター。人間は基本的に使えませんが、魔物で使える種類はいます』

(ってことはそいつから奪えば俺も使えると?)

『そういうことです』

「うしっ!」

「?どうかしましたか?」

「いえなんでもありません。」

(時空間魔法って何ができるんだ?瞬間移動とか?)

『瞬間移動ならもうできるじゃないですか。例えばこの訓練場のように空間を広げることや、小さい異空間を作ったりなどです』

(なるほど。じゃあ、空間と空間を繋げて別の場所に移動できたりもするのか?)

『可能です』

(ほほぉう)

「待たせたねソウマ君」

「大丈夫だ。始めるか?」

「そうだね。アリサ審判を」

「わかりました。」

「ハク。アリサの所に行っとけ」

「キュ!」

ハクはソウマの頭を離れアリサの元へ飛び立つ。

「そろそろ始めるか?」

「ええ、」

ソウマは無限収納から斬羽を出す。
シフォルは剣を持っている。

「エルフなのに剣なのか?弓だと思ってた」

「エルフだからと言って全てのエルフが弓な訳では無いんだよ」

「なるほどな」

「準備はよろしいですか?」

「おう。」「ええ、」

「始め!」

アリサの声がかかった瞬間、シフォルとソウマが消えた。
周りの冒険者は何が起こっているか分からないようだ。
何とか実力のある冒険者は目でおうことが出来てるみたいだが。
今、ソウマとシフォルは高速で、剣と斬羽を交えている。

「驚いたぜ。このスピードに着いてくるとはな」

「僕も驚いたよ。ここまで強いとは」

「じゃあもうちょい上げるぜ!」

「っ!」

ソウマはさらにスピードをあげた。
そのスピードに何とかシフォルもついて行く。

「これでもか。なら少し力を強めるか?」

「何を!!!」

ソウマは斬羽をもつ手に力を込める。

「ぐっ!」

「オラッ!」

「ぐはっ!」

ソウマはシフォルの腹に蹴りを入れた。
シフォルは訓練場の壁に突っ込む。

「おいおい。今ぶっ飛ばされたのギルドマスターじゃねえか?!」

「嘘だろ!ここのギルマスって疾風のふたつなだったよな。」

「ああ。その速さは上位の冒険者でも追い切れないと言われ何体もの魔族を倒してきた英雄にも近い人だ。それをぶっ飛ばすだと?何もんだあいつ」

外野の冒険者は何やら話しているが、さすがは元SSランク冒険者だろう。その名は伊達じゃない。

『上手く逃がされましたね』

「ああ。シフォル時間稼ぎか?」

「あはは。バレていたかい。まあ、負けたくないからね。このスキルはあまり好きじゃないけど、使うか。鬼人化」

すると、シフォルの身体ら赤いオーラがにじみ出る。

『鬼人化のスキルは使用者の基礎能力を倍以上に引き上げるスキルです。このスキルは反動が強いためあまり好まれていません』

「へぇ。じゃあこっちもスキル使うか。身体強化、瞬脚」

ソウマは身体強化のスキルに固有スキルの瞬脚を重ねがけする。

「さらにさらに!速度上昇!」

そして、そこに天龍神の靴の特性速度上昇を使用した。

「行くよ!」

「来い!」

シフォルは先ほどよりも圧倒的に早いスピードで迫ってくる。
それに対しソウマはさらに早いスピードでシフォルに近づいた。

「どうした!そんなもんか!」

「グッ!はあああぁぁぁ一」

「オット!もっと早く行くぞ!」

「はあああああああああああああああああああああぁぁぁ」

「おらあああああああああああああああああああぁぁぁ」

2人の剣戟は既にひと振りで衝撃を起こし、ぶつかる度に空間が揺れる。

「ま、不味くないか?」

「ああ。出口の近くにいよう」

冒険者たちはできるだけ遠くを通って出口の近くに来ていた。

剣戟はそう長く持たなかった。
シフォルのスピードがだんだんと遅くなっていったのだ。否、ソウマのスピードがさらに早くなっていく。
そしてついに……

ザクッ!

ソウマの刀がシフォルの体を切り裂いた。

「ガっ!」

そこでシフォルのスキルも切れてシフォルらその場に倒れた。

「しょ、勝者 ナルカミソウマ……」

「う、嘘だろ……あの疾風が負けた……」

「どんだけ強いんだよ……」

ソウマは斬羽を閉まってシフォルの元に行く。

「いやぁ。結構楽しかったな」

『それよりもマスター。早く治癒しないと出血多量で死にますよ?』

「え?まじで。えっと確か回復魔法は……」

『光魔法の聖光でちょうど良いかと』

「そうそう。光属性だったな。『我が魔力を喰らいて汝を癒さん 聖光』」

ソウマが魔法を唱えるとソウマとシフォルのあいだに光が生まれシフォルの体に入っていった。すると、ソウマが切った傷が癒えていく。

「ま、魔法まで。」

「あれ光属性の中級だよな。あれだけであんなに治るもんなのか?」

「普通治んなくね?」

(リエル。どうなの?)

『普通なら治りませんね。しかし、マスターの魔法加護で強化されてしまうので仕方が無いかと』

「いつの間に俺はチートになったんだか」

「ん?」

どうやらシフォルが起きたようだ。


「よお。大丈夫か?」

「ソウマ君……そうか負けてしまったのか、」

「傷は治しておいたけど、血ぃ足りてねえから安静にしとけよ」

「治癒までしてくれたんだね。ありがとう」

「ま、俺がやっちまった傷だしな」

「あはは。けど、僕も君を切ったと思ったんだけど、無傷かい?」

「これは自然治癒のスキルで勝手に回復するんだよ」

「全く。君は本当にすごいね。よし、ソウマをギルドマスター権限で、Sランク冒険者とする」

「いいのか?」

「逆にそんな力を持った人をFにおいて置く方がおかしいよ。まあ、SSSからはほかのギルマスの推薦が降りないとなれないけど」

「そうなのか」

「アリサ。ソウマくんのギルドランクを変えてあげてくれ」

「わかりました。さすがソウマさんですね。」

「それほどでも」

「それでは、ギルドカードを作ってくるので借りてもよろしいですか?」

「はい。ハクこっちおいで」

「キュ」

ハクはアリサの元から飛び立ちソウマの頭に乗る。

「相変わらずそこだな。アリサさん。これギルドカード」

「お預かりします」

ソウマはアリサにギルドカードを渡す。
アリサは受け付けに戻って行った。

「シフォル、立てるか?」

「無理だな。肩貸してくれ」

「いいぜ……よっと、じゃあ俺らも戻るか」

「ああ。3階の執務室まで頼む」

「あいよ」

ソウマはシフォルを肩に担ぎ3階まで運んでいった。

「神眼使いの異世界生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    まさかギルマスに勝つとは…oh(´・ω・`)...

    0
コメントを書く